勝手に切なくなる昔のはなし。

「勝手に切なくなる」で思い出した話。

 

私が小学校4年生の時に、自分の家で「展示会」をしよう!と思い立ち

母にもそのことを相談した。

「展示会」と言っても自分が描いた絵や粘土細工、折り紙製作を飾って

友達を呼んでくるだけで、作品数も3つか4つしかないのに決行。

 

当日、学校帰りに友達を家に連れて来た時点で

「展示会」というにはあまりのクオリティーの低さに

急激に恥ずかしくなった私。

 

しかしもう友達には「展示会を見にきて」と誘っている。

気持ちは完全にうつむいた状態で、自室のある2階へあがると

階段あがってすぐの壁に

「展示会場はこちら→」と母の字で張り紙がされていた。

私が学校へ行っている間に用意していてくれたらしい。

部屋に入ると適当に置いていた粘土細工などは
赤い布を巻いた箱の上に置かれていた。
それが余計、自分の作品をみすぼらしくしているようで、
いよいよ恥ずかしくなり「どれが作品なの?」と聞く友達に
目を合わせず「え?そのへん」とぶっきらぼうに答えたのを覚えている。
当然投げやりな展覧会は盛り上がることなくフワッと終わり
すぐに別の遊びに移った。
廊下からその様子を見守っていた母はどう思っただろう…
一生懸命、娘のために用意してくれたのに…
と後から思い出してはなんとも切ない気持ちになってしまった。
この思い出、ずっと忘れていたな〜。
なんか急に思い出した。また忘れそうなんで書いておきます。
昨日の息子に対する思いも、今日のこれ↑も
私一人が勝手に切なくなってるだけなんだと思うけど
思い返すたび気持ちがギュッとなるな〜。
(私は何事も感情を盛り気味にしてしまう傾向があるのだ)
そうそう、昨日なんのマンガかわからないと書いたもの
五彩きょうこさんの『ゴリラの母』ってマンガだった。(FBで教えてもらった)
単行本のタイトルは『お花のもうふ』でした。(りぼんでなくマーガレットコミックス)
ネットで調べたら14年前に37歳で亡くなられているとのこと…。
ご冥福をお祈りします…。
さて本日、日経DUALの『学童男子は今日も行く!』5回目更新してますよ。
夏休み学童の話。一日育成も今日で終わりだな〜!明日から新学期!明日から給食!
ありがたい〜!!

勝手に切なくなる。

親との予定よりも友だちとの予定を優先するようになってきた息子。

寂しいけれど、きちんと成長しているな、と思う。

 

先日、夏休み最後に二人でおでかけしないか?と誘ったところ

近くの公園で友だち水鉄砲大会をやるとのことで断られた。

 

最近大きめの水鉄砲を手に入れたばかりなので

「お前が企画したんだろう」と聞くと、やはりその通りで

6人集めたので3対3で戦うんだそうだ。

 

水鉄砲を持っていない子もいるらしいので、皆でできるよう

前日におもちゃ屋で安いものを2つ買い足してやる。

 

当日の朝から「水鉄砲大会ルール」とか

ちっさい紙に汚い字で一生懸命書いている息子を見ながら

なんとなくイヤな予感はしていた。

 

 

その日の夕方、仕事から帰ってきて「大会、どうだった?」と聞くと

人が集まらず中止になったとのこと。

 

「やっぱりな…」とは思わずにいられなかった。

 

いつも息子は空回り気味に遊ぶ予定を立てては、はりきっているが

その約束がはたしてどこまで友だちに浸透しているのか毎度とても怪しい。

今回もなんだか残念な結果になり

母としてはなんかもう、めっちゃ切ないのだが

これが本人、全然気にしてないのよな〜。

 

「2人しか来なかったから大会に備えて練習をしておいた!」とか上機嫌に答えてるし。

その備えたはずの大会が開催される日がくるかも怪しいのに。

その日がこようがこまいが、息子にとってはたぶん、どうでもいいんだろうけど。

 

ミッチミチに書き込まれた「水鉄砲大会ルール」を見ながら

私が小学生の頃モーレツに切なくなった話を思いだしたんだけど

それはまた次回…。

 

ところで昔の漫画で(たぶん「りぼん」)

家が貧乏の小学生の主人公が、学芸会でやる「七匹のこやぎ」の人形劇の練習を
友だちを呼んで自宅でやるのが恥ずかしくて憂鬱になっている。
(友だちの家のお菓子はポテチなのに、うちはパンの耳を揚げて砂糖をまぶしたヤツ、とか)
なんだけど、陽気なお母さんが最初うまくやってくれて大盛り上がり。
しかし結局恥ずかしい思いをし
お母さんが夜なべして作ってくれたぶっさいくなヤギの人形を
投げつけるっていう切ない話があったんだけど
誰か覚えてないですか。
キーワードで検索しても全然わからなかった〜!
短編を集めた単行本が「花柄の毛布」っぽいタイトルだったんだけど!!!
誰か知っている人教えてください。
もう一度読みたいな〜。

 

 

どんどんやっていくぜよ。

今日は珍しく古道具屋店主としておしらせじゃよ〜。

 

まず9月10日(日)に

イラストレーター・オカダミカさんの個展のクロージングパーティもかねた

イベント『MIcca/夏まつり』に出店します。

場所は五反田の『カフェテラス ミモザ』というお店。

12時〜19時までやっているのでよかったらきてください!

 

いやいやしかし、オカダさんの個展に

古道具屋(当日はアクセサリー屋だけど)として関わるなんて…

どうなってんだ。

 

 

オカダさんは京都にいた頃から一方的に知っており

(というかただのファンなのだが)いまだ直接お会いしたことはない。


 

私もイラストレーターではあるが、オカダさんとはもう、ジャンルが違うというか

格が違うぜ俺は愛が違うというサムライ・ニッポン状態(って何)なので

接点がまるでなかったのですよ。

それがこうして伊藤さんのおかげでお知り合いになれるとは!

 

そんなんで、当日は浮ついているであろう俺を見に来てください。

 

 

あと、今月も『夜のタワーズマルシェ@むさしの』に参加するだよ!

夜はこの時期涼しくなってるだろうし、生演奏もあってとてもいい雰囲気ですよ。

 

 

前回は「本当にそのイベントは開催されるのか」と心配だったが→

実績もできたので大丈夫でしょう!

相変わらずネットで情報探しても全然出て来ないけど!!

 

翌日の『吉祥寺ハモニカ横丁朝市』はどうするかまだ考え中なので

また決まったらお知らせします〜。

 

私の「星のかけら」はいずこに。

一昨日お店に藤田あみいさんが来てくれた。

私もコラムを連載している『Hanako ママ』で

めちゃくちゃ人気の(しかしヘビーな)「懺悔日記」を連載されていて

当然お名前は知っていたが、まさか突然店にいらっしゃるとは!!

 

聞けばご自宅が近所とのこと。驚き…。

 

知らないだけで近くにたくさん

クリエイティブな人が住んでいるんだなぁ…。

そういう人たちとたくさん知り合えるようになったのも

お店をはじめて良かったことのひとつかもしれない。

トリハルさんがまとめて『三鷹会』作ってくれたらいいのに。(丸投げ)


 

藤田さんからご著書の『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』をいただいたよ!

 

 

無印の家に2年間住むモニターに5万7千組の応募の中から当選したそうです。

どんだけ強運の持ち主なんだよ!!その運、分けてくれ!

 

昔はことごとく当たらなかったが

結婚して姓が変わってからは懸賞運は良くなりました。

 

 

そして先日は広島から絵本作家のよこみちけいこさんが

「ファンです」つってお店に来てくれました…。恐縮です…。

よこみちさんからも文章を担当された絵本をいただきました。

『かあさんのまほうのかばん』

 

 

とてもいい話だよ〜!ホント、赤ちゃんがいるうちは

大量の荷物を持ち歩かないといけないので

お出かけバッグはドラえもんの4次元ポケットさながら

いろんなモノが出てきたよな…。

 

サインもいただいたぜ。

似顔絵を描くことはあっても描かれることはあんまりないのでスゴく嬉しい…。

 

八王子からも「ファンです」と言って一家で来てくれた方や

滋賀や大阪からも旅行や仕事のついでに

遊びに来てくれる方がいて、本当にありがたい。

本当にありがたいでございますよ!

 

お休みに閉めていることも多い店ですが…

みなさんのおこしをお待ちしております〜。

息子の身になにが!(いろんな意味で)

最近仕事が忙しいこともあり

晩ごはんの手を抜きまくっていたので(ひたすら麺類とか)

久しぶりにちゃんと料理をしようと今晩のメニューはトンカツに決めた。

 

トンカツ…ちゃんとした料理かどうかは怪しいけど

そこはスルーしてください。

 

んで保育園のお迎えがてら買い物して帰ってきたら

家にあると思っていたパン粉がないでやんの!!!!

 

慌てて息子に買いに行ってもらうようお願いをした。

 

豚肉に下味をつけ、小麦粉をまとわせ、とき卵にくぐらせても

まだ息子は帰ってこない。

マンションのすぐ横にコンビにがあるので

10分あれば十分戻って来られるのだが

仕事の電話に対応したあとですら帰って来ない。

 

15分がすぎたくらいから、さすがに心配になってきた。

隣接されたコンビニへ行くにもアクロバットな動きを繰り出して

走る車の前に躍り出る、それが息子!

 

「行かせたことを一生後悔するような事態になっているのでは!」

とドンドン不安になり、様子を見に行こうと玄関のドアを開けたと同時に帰ってきた。

 

安堵と買って来てくれた感謝で

「ありがとうね!本当に助かった!ありがとう!」と

パン粉ごときを買いに行く労働に値しないほどの賛辞をおくってしまった。

親とはかようにもチョロイ生き物なのです。

 

んで買って来てくれたパン粉で「さあ、トンカツを揚げよう!!」と思ったら。

 

 

「え、マジで?」と今年一、本気で発しました。

 

ちなみにやたら時間がかかったのは

レジの列が長かったのと、おでんを爆買いしている人がいたからだそうです。

 

あ、そしてパン粉はどうしたかというと

冷凍していたフランスパンをおろし金で擦って作り事なきを得ましたよ…。

もう一度買いに行った方が早かったけどな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでバタバタしてるのだ。

ダメだ…。

誰に頼まれてるわけでもないけど毎日更新を目指していたのに

夏休み明けから全然更新が出来ていない。

遊びすぎたツケを毎日自転車操業で返済してるからなんだけど。

 

なんだかんだで子ども達の夏休みもあと一週間。

お弁当作りからは解放されるが

「毎晩宿題をやらせる」「明日の学校の準備をさせる」という

地味にキツい仕事が復活する。

正直お弁当作ってる方がマシかも、と思ってます。
お店の方は本当に少しずつではありますが
月を重ねる毎に売り上げが増えてきており
もう少しで「利益(売り上げでなく)」で家賃が払えるくらいになってきた。
もちろん商売としては全然ダメなのだが
「飽きない」で続けていれば「商い」ができると信じて
やっていきますので引き続きよろしくです〜。
さて今日は水曜日『お買い物交換日記』の更新日。
今回はゼリやんです〜。こちらもよろしくね!

なぜこんなことに。

今朝バルセロナでのテロのニュースを見てビックリした。

事件のあったカタルーニャ広場は息子と泊まっていたホテルのすぐ近く。

暴走車が走ったランブラス通りも歩いていたので

日にちがズレていればと思うとぞっとする。

「自分たちは助かった」と思う反面

突然命を奪われた被害者のことを思うとやりきれない気持ちになる。

 

旅行ではいい思い出しかなかったバルセロナ。

現地の人も親切で陽気な人ばかりだった。

 

被害者のご冥福をお祈りします。

 

 

ちなみにバルセロナでお世話になった会長一家は

今、ポルトガル旅行に出ていて無事であります。

本当によかった。(「よかった」って言うのもよくないけど「よかった」)

 

 

しかし東京もいつテロの脅威にさらされるかはわからないよな…。

だからって個人ができる対策なんて何もないんだけど…。

そして高価なモノよりは明治、森永くらいがちょうどいい。

たまーーーに足の付け根のリンパの部分に

しこりができて押すと痛くなるんだけど

昨日はそのせいなのか足のだるさが全身に広がって

しまいには発熱。夜に寝込んでしまった。

 

 

幸い一晩寝たら復活。

16、17日とキャンプの予定で(まだ遊ぶのか!)

締め切りギュウギュウだったので復活できて本当によかった。

 

しかしどうやら雨らしく、キャンプは中止になったんだけどね。

 

 

明日は宿題(終らなかった仕事)をやりつつ

家でまったり過ごす予定です。

 

あとこのブログの87%を占める「どうでもいい話」を今日もしていいですか。

(あとの10%は仕事の話、3%は私的にはどうでもよくない新井浩文の話です)

 

私はお菓子というジャンルの中で何が一番スキかと言うと

断然ダントツで「チョコレート」であります。(このへんからすでにどうでもいい)

 

※今、「ダントツ」を変換しようとして漢字がないことに気がついた。

「断然トップ」で「ダントツ」なのか!「断突」くらいかと思っていた。(はいどうでもいい)

 

でも今日気づいたんだけど「チョコレート味」のものが好きではない。

ソフトクリームとか、ケーキとか、シェイクとか、クッキーとか

味はチョコレートなんだけど、チョコレートじゃないヤツ。

 

味はチョコなんだからええじゃないか!と思うんだけど

なんだろうか、むしろ嫌い。

ソフトクリームも「チョコ」と「バニラ」があれば絶対「バニラ」を選ぶ。

チョコソフトとか食べたことない。ミックスもな!(死ぬほどどうでもいい)

 

かたくてパキッとした食感があってこそチョコレート。

なんなら昔、一世を風靡した生チョコもそんなにスキじゃないからな。(どうでもいい話やめろ)


 

ちなみにバーベキューは大好きですが

サッポロポテトバーベキュー味はもっと好きです。

 

あとウンコ味のカレーとカレー味のウンコはどちらもキライです。

 

 

やはり『銀魂』にするべきだった。

影が薄すぎてうっかりしていた「山の日」。

週頭までは仕事の予定をしていたのに、保育園も学童も休みだよ!

ダンナは火曜から出張でおらんし。

 

ということで仕事は諦めて

子どもら3人と『スパイダーマン ホームカミング』を見に行って来た。

トビー・マグワイヤ版、アンドリュー・ガーフィールド版を観て来てるので

そりゃぁ観るでしょう。新シリーズ楽しみでしょう。

 

今回はいつものシリアスさがなく(おじさんのくだりがない。でも割と最近死んだっぽい)

のっけからピーターが調子こきまくりのめちゃくちゃ軽いノリで始まって

全体的にとてもコメディ色が強く楽しかった。

アベンジャーズ系(アイアンマン除く)を観てないのでよくわからない部分もあったけど

些細なことなので特に問題無し。

 

敵を倒すクライマックスもピーターの成長が感じられて感極まり……

 

 

 

…って観られてないわ!!!!一番いいとこ観られてないわ!!!

 

最初は大人しくみていた駒子だったが戦いの場面が怖いようで

「こあい…」とさっそくひざに座ってくる。ここで1シート分無駄。

それでも中盤のフェリーシーンなどは持ちこたえていたが、

本当に最後の最後、敵をやっつけるシーンで限界に達したらしく泣き出した。

 

そうなっては廊下に出るしかない。

 

 

派手な戦闘シーンの音を聞きながら廊下で駒子を抱っこしてあやす。

ここで2シート分無駄…。ってお金の話じゃないのだよ〜!

ずっとストーリーを追ってきてクライマックス観られないって最初から観ない方がマシやんけ!

バルチャーは、リズはどうなったんじゃーーー!

 

…まぁ3歳児をMARVEL映画に連れて来た私が悪いんだけど。

(柊太と劇場で『アメージング』の1を観たのは柊太が5歳の時だもんな)

 

ガックリと劇場をあとにし、三鷹にある蕎麦屋でお昼を食べたんだけど

店員さんがおもむろに「カブトムシ…いりませんか?」と聞いてきた。

 

なんでも親戚が大量(40匹くらい)のカブトムシを捕まえて来たらしい。

いや、後先考えず捕まえ過ぎだろう!

 

まさか蕎麦屋でカブトムシを薦められるとは思わなかったが

そんなの聞いたが最後、小4が「NO!」というハズもない。

ケンカしないように子ども一人につき一匹、計3匹を譲ってもらうハメ…ことに。

「メスがいない!」と残念そうな息子に

「じゃぁ今度メスを捕まえて来たらあげるよ」と言われたが

丁重にお断りしておいた。

お前は2年前の「死んだ幼虫が土から掘り起こされる記憶」を喪失したのか!

もうカブちゃんは清々しく一夏限りで終ってほしいです…。


 

そして3日もすれば私がお世話するハメになるのだ。

 

小出しですみません。

とりあえず旅行記第一弾でーす。

『Hanako ママ』更新してます。

 

まだ出発までしか書けてない…。なんだか長くなりそうな予感…ですが

なるべくコンパクトにまとめて、記憶が新しいうちに

トントンと更新したいと思ってますよ!

 

そうそう、どうでもいい話ですが

今回のコラムにも出てくるこの私のツッコミポーズ↓

(人差し指を立てながら左から勢いよく飛び出す感じ)

 

いろんなところで描いているんだけど

描くたびに「元ネタなんだっけ」と思っていたが

先日トリバタケハルノブ氏に言われて気づきました。

 

『ジャングルの王者 ターちゃん』のジェーンだ!!!

 

それこそ全方向から「どうでもいいわ!」と人差し指立ててツッコまれそうだが

私的にはかなり衝撃的だったのでここに報告しておきます。

 

ところで柊太(9)と京香(6)の体重が

先日ついに同じになってしまったのですが大丈夫でしょうか…。

 

京香は体質的には私と一番似ており

とにかく太りやすく筋肉がつきにくいんだと思う。

(アレルギー的な部分も私と一緒なのだ)

 

自分の幼少期を見るようで不憫になってくるよ…。

 

ずっとガリガリだったのに去年タバコを止めてから太りだした兄…ざまあ!!

 

それにしても年頃になって無理なダイエットだけはしないように注意したいと思う。

(私がそれで散々、体にトラブルを抱えたので)