久しぶりに嬉しくて泣いた!

昨日息子が発熱し、早めに仕事を引き上げて学校までお迎えに行った。

ずっと38〜39度をウロウロしている。

来週もしばらく仕事場にはいけないだろうし、

出来る限りの仕事をこの土日に終わらせておかねば〜!

 

というわけで持ち帰った仕事を朝から家でやっている。

 

ダンナは「あんたそれ単身赴任では?」レベルの出張に出ているし

頼る人もおらず、ため息をついているのを知って知らずか

長女の京香が次女の駒子に「おかあちゃんに手紙を書く道具を買いに行こう」とヒソヒソ話をしていた。

 

ヒソヒソ話ではなく丸聞こえなのだが、聞こえなかったフリをする。

 

しばらくして京香が、「近くの100均に行きたい。お小遣いで何か買ってもいいか」と聞いてくるので

「一人200円までならいいよ」と伝えると、さっそく駒子を連れて出かけて行った。

 

シールや便せんでも買ってくるのであろう、でもわざわざお買い物に行くのなら

自分のスキな物も買えばいいと思い「200円」にした。

しばらくしてニッコニコの二人が帰宅。

 

 

と、楽しそうだったのもつかの間

 

 

なんでも、私にプレゼントしようと二人で400円の予算から300円も使って

ピアスを3つ買ってくれたらしいのだが途中で落として帰ってきたらしい。

 

途中に公園に寄ったみたいなので、おそらくそこに落ちているであろうと

一緒に探しに行ったが、公園にも、途中の道にも、100均にも落ちてはいなかった。

探しながら

 

 

とか言って泣くので、こちらも

『お前はどこの天使じゃーーーーーーー!!?』と石立鉄男ばりに泣いたよね。

 

たぶん、私に手紙を書こうと材料を買いに行ったが

私がアクセ好きなのを知っている京香が、自分でも買えるアクセを見つけて

「こちらのほうが喜ぶだろう」と駒子と相談し、お小遣いで買ってくれたのだろう。

 

もう一度、探しに戻った100均で、先ほど選んでくれたピアスのうち1つと

あとは京香と駒子用にイヤリングを2つ買って帰り

「今度のお出かけの時にみんなでつけようね」と約束したのでした。

 

正直100均のピアスは43歳がつけるにはキビしいものがあるが

娘の選んでくれたこのピアスは一生の宝物にしようと思ってます。

 

 

つけてみると意外にカワイイんだけどね。

記憶のしっぽを掴んでおく。

昨日は自宅でスタッフはっさん&イラストレーターの小豆だるまさんと新年会をした。

一人でガブ呑みしている私はいつも後半の会話を覚えていない…。

 

が、皆が帰った後に『防人の詩』の動画を検索していたようなので

(スマホのsafariに残っていた)きっと、さだまさしの話を熱くしていたのでしょう。

しかし『防人の詩』本当にすばらしいな。涙出るわ。

コレ作ったの、まさし20代の頃だよ。天才か!

さだまさしのコンサートは、いつか行きたい。

 

 

話変わるけど、皆さんもたまに昔の小さいエピソードを

唐突に思い出したりしませんか?

あまりに小さいことなので、その瞬間思い出しても

下手したら人生で二度と思い出さないような、そんなエピソード。

 

私も時々、何かに紐づけされて思い出すのですが

次の瞬間忘れているので、なるべく書き留めておきたいな、と。

今年からメモることにしました。

 

ちなみに今年に入ってから思い出したのは

 

 

誰もいないと思っていたのか、私(当時12歳)に気づいた祖母は

とても恥ずかしそうに「自転車…乗れたらええなぁ…」と言っていた。

祖母の母親はとても心配性だったそうで

女学校時代に遠足で琵琶湖に泳ぎに行く時も

「危ないから」と祖母を休ませたそうだ。

当然自転車も禁止されていたので、祖母は自転車が乗れなかった。

今は寝たきりになってしまった祖母、

元気なうちに二人乗りでいいから自転車に乗せてあげればよかったな。

 

友人の家は元々料理屋さんで、庭から玄関先まで立派な竹が何本も生えていた。

そういや小学校では「七夕飾りコンテスト」があり

各学年、各クラスで笹の飾り付けに趣向をこらし優勝を争っていたな。

放課後に残ってデカい織り姫、彦星を作った記憶がある。

 

甘くて香ばしくて大好きであった。

『じゃりんこチエ』には「カルメラ兄弟」が出てくる(縁日でカラメル焼きを売る兄弟)

ドッチボールくらいのカルメラに憧れたもんです。

連日作りすぎて急速に飽きたけど。

カルメラv焼き、子どもの頃は縁日で見かけた気がするけどさすがに今は見ないね。

 

特にオチもなんもないけれど記録のために、たまにブログに書いておこうと思います。

 

 

飲酒量を控えれば夜中に起きないんじゃないか問題。

最近夜中に必ず一度は目覚めるのだが、すぐに眠れる時もあれば

2時間くらい寝付けないことがある。

昨日も夜中に目が覚めて、1時間以上寝付けなかった。

 

それもこれも去年末に観た『ヘレディタリー/継承』のせいです。

あ〜、嫌な映画だったな〜。

「めちゃくちゃ怖い」と聞いていたので

始まる前からずっと、ジェットコースターの最初のカタカタ登っていく時のように

手にうっすら汗をかいていたんだけど

観終わった直後は「前評判高すぎてそれほど怖くなかったな」なんて思ってたのに!

後からジワジワと!!!

 

43歳にもなって夜中にトイレ行くのが怖くなるとは思わなかった。

 

 

それなにの性懲りもなく今は『サスペリア』の公開をたいへん楽しみにしている。

1977年の1作目は観ていないので、25日までに観ておこうと思う。

監督は『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノやで〜。

絶対美しいやろ〜!(知らんけど)

77年版も今作もコピーは「決してひとりでは見ないでください」とのことなので

誰か一緒に観に行きませんか!!

 

はやいもんで。

昨日のブログに

「カレーは飲み物です」が石ちゃんの名言と書いてしまいましたが

正しくはウガンダさんの名言でした。ここに訂正してお詫び申し上げます。

(指摘してくれたのせやん、ありがとう)

 

さて本日は次女駒子の誕生日。

ついに5歳になってしまいました…。

5歳…もう普通に完全に子どもだな!

いや4歳も3歳も2歳も子どもだったけどさ…

5歳ってなんかくくりが違う気がしませんか!

0〜4歳までは大きく「赤ちゃん」みたいな!

 

何はともあれ、5歳まで大きな病気やケガもなく

育ってくれて本当にありがたいと思う。

★なるべくブログも更新する、を忘れてた。

何でもすぐにやりたがるくせに3日坊主でおなじみの私が

昨日に続き、新年2回目のブログを更新しますよ〜。

 

昨日は久しぶりの断食で夕飯時、空腹のあまり一瞬記憶が飛んでしまったのか

気づいたら小皿によそったカレーのルーをすすっていました。

 

 

石ちゃんの「カレーは飲み物です」名言が潜在意識の奥底にあり

「飲み物なんだからOKじゃん」と、私ことビリー・ミリガンの中のクリストファーが

飲んでもよしと判断したのでしょう。

さすがクリストファー、13歳男子だけあって、根拠のない勢いがあるね!

 

まぁ断食熟練者にもなれば、そのくらいの誤差はいいんですよ。

今朝は1.5kgほど減っていて正月で肥えた分を一応、取り戻しましたよ。

「取り戻す」っておかしいな。肥えた分をかなぐり捨てられましたよ。

でも肝心なのは良食期の火曜から金曜までなので、

気を引き締めていこうと思います。(と言いつつ今、レモンサワー7杯目だけど)

 

えっと、昨日の一発目のブログに今年の抱負を書き忘れていたので

ここに記しておきたいと思います。

 

★ムダ遣いをなくす

★一日三捨て(毎日何かしら3つ捨てる)を実行(捨てた物は毎日ツイッターで報告)

★お店のインスタを毎日アップする

★ダンナにキャンキャン言わない

★キン肉マン全巻再読

★余裕があれば麻雀を習う

 

以上です。

発表してくれたのは第8番目の人格リー(悪ふざけのコメディアン)なので

守れなくても仕方がないと思ってください。

ではまた!

 

 

 

今年もよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます。

 

小学校は明日が始業式ですが、本日から仕事開始。

お店も今日から開けています。

(息子は塾の冬期講習へ、娘2人は学童&保育園へ)

 

年末から年始のお休みは朝の8時近くまでダラダラ寝ていたので

今朝6時に起きるのは本当にツラかった。

考えてみたら毎日10時間くらい寝てたな。ヒマな大学生か!

 

 

さて新年。今年はもう少しお店に力を入れたい(…と去年も言ってた気がるが)。

まだ店のことと、イラストの仕事のバランスがうまくとれてない。

どうしてもイラストの仕事を優先してしまって店のことが後回しになってしまう。

「映画観に行ってる時間があるなら店のことやれよ!」と

スタッフのはっさんに怒られそうだが、彼女は今日も快く映画館に送り出してくれるのであった。

 

そうそう、毎年恒例のお正月太りですが

今朝、恐る恐る体重計にのったら思っていたよりも増えてなくて

(といっても1kgは肥えた)ホッと一安心。

 

 

しかしお酒はめちゃくちゃ飲んでいたので

休肝日もかねて本日は今年最初の断食です。お腹空いた。完遂できるかな。

(ちなみに七草がゆは5日にダンナが作ったものを食べました)

 

イカちゃん(席を離れたスキに息子が勝手に入力していたのでそのまま)

24日から帰省し、昨日大阪のダンナの実家に移動しました。

去年は駒子がインフルエンザになってしまい、義実家には来られなくなったので

大阪で年越しするのは2年ぶりです。

 

今年は映画を50本観るのを目標にしたところ

全部で75本、劇場で鑑賞できました。

 

柊太は17本、駒子は19本、京香は23本も一緒に観ていた。

パンフレットもまぁまぁ買ったし、売店ではかならず酒を買ってるし
お金…なんぼ使ったんだろうか…。考えないようにしよう。
でも来年もなるべく皆でいい作品を観たいぜ。
私の今年のベスト10は以下の通り。

第10位 女は二度決断する
第9位 犬猿
第8位 バーフバリ 王の凱旋
第7位 ボヘミアン・ラプソディー
第6位 HIBIKI
第5位 search
第4位 スリー・ビルボード
第3位 ペンタゴン・ペーパーズ
第2位 カメラを止めるな!
第1位 ゆれる人魚

 

『ゆれる人魚』好きすぎ。

『ヘレディタリー』や『愛しのアイリーン』『ボスベイビー』
『アンダーザシルバーレイク』『タイニーファニチャー』など
印象に残っている映画は他にもいっぱいあったけどな〜。
というわけで今年一年、皆様にはお世話になりました。
お店の方はお客さんも少なくまだまだですが、
イラストは今年も順調でいろんなお仕事いただきました。ありがたや〜。
来年も刺激のあるいい一年にしたいと思います!
ブログもなるべく更新しますんで!来年もよろしく〜!

仕事も納めましたのよ。

めちゃくちゃ久しぶりに更新をしようと思った本日、

また息子が携帯を失くしましたよ…。

「前回ブログに何描いたんだっけな〜」と見てみたら

息子が携帯落とした話だった…。

 

息子が携帯落とさないと更新されないブログみたいになってる。


さっきバス会社から電話があり、まぁまぁめんどい場所にある営業所に
取りにいかないといけないが、私は明後日帰省の予定なのでもう知らん。
たまにはダンナが行くがいい…。

そう、24日に私と娘二人は一足早く関西に行くのでイラストも昨日が仕事納めでした。
お店の方はスタッフのはっさんが少し開けてくれてるので
よかったらいらしてください。
早めに帰るのは25日の北野天満宮の「終い天神」に取材がてら行くからでーーす。
骨董市巡りも今年はこれが最後。いい買い物ができますように。
小説推理の骨董市連載も31回となりました。
都内は行き尽くした感があるので、今後はもう少し足をのばして
地方にも取材に行きたいと思ってます。オススメの骨董市あれば教えてください。
いや、それでですよ。北野さんに合わせて24日に帰ろうと思っていたら
その日の夜、京都で新井浩文のトークイベントがあることが発覚!!!運命か!!!

ソッコーで申し込み、抽選にも当たったので、わたくし、クリスマスイブの夜は
新井浩文と過ごします!!!ぎょぼえーーーー!!!(興奮しすぎて吐いた)

みなさんもステキなクリスマスをーーーーー!!

どうでもいいけどクリスマスといえばマコーレカルキンのGoogleのCM
とてもいいので見てみてください。
『ホームアローン』は本当にクリスマス映画の名作だな!!!!

あとお知らせ忘れてたけど、今月も『Hanakoママ』
おでかけコラム書いてたのでした。こちらもよろしく〜。

仕事をふやさないでくれよ…。

昨日、習い事帰りの息子から

「携帯を落とした」との報告をもらう。

 

ま・た・か・よ!!!

しかも携帯ケースにはsuicaも入っており

ちょうどチャージした直後であった。

 

前回、携帯落として私がとりに行かされたうえに

さんざんイヤな思いをしたのは9月、3ヶ月も経ってないやんけ!

(そんときのブログ→

 

どこで落としたかもわからないので

問い合わせのしようもなく、どこからか連絡あるまで待とう…と

思っていたところ、本日娘二人とおでかけ中に京香が

 

 

お前もかい!!!!!

 

そして駒子までもが

ハロウィンの時に買ったお気に入りの猫耳カチューシャを

失くすという…。

 

 

 

それらを今週中なるべく早く回収しに行かねばならない。

あの…俺、暇じゃないんすけど…。

届けてくれた人がいて、ちゃんと見つかったのは本当によかったが

すぐに失くしたり、落としたり、壊したり…イヤになる。

 

ちなみに今日のお出かけは

『くるみ割り人形と秘密の王国』を観に行ったのですが

めちゃくちゃお金かかってそうなのに

ペラッペラな内容だったので

「あ〜!久しぶりにうっすい映画観たな〜!!!」とむしろ清々しい感じでした。

 

ペラッペラ…というか、もうツッコミどころがありすぎてな…。

 

 

夫婦とはなんぞや。

先日たまたま偶然が重なってダンナと

『ボヘミアン・ラプソディ』を観に行くことができそうだったので

QUEEN好きのダンナを悩みつつ誘ってみた。

悩まず誘えよ!とお思いでしょうが、そこはいろいろあるんですよ。

 

「一人のほうが気楽かも」とか「一人のほうが気楽じゃないかな」とか

「一人のほうが気楽だろうな〜」とか「一人のほうが気楽じゃん」とかいろいろ。

 

ダンナは出張前の準備もあって忙しそうだったから断るかと思いきや

ノってきたので、もう後には引けない。(引こうとするな)

 

ちなみにダンナと二人で映画に行くのは

『チャーリーとチョコレート工場』以来である。

調べてみたら2005年、13年前の映画だった!!!

結婚して間もない頃だな…。あの頃は子どももいないし
デートまがいなこともしてたよな…。(まがいとか言うな)

 

 

まぁそんで二人で13年ぶりに映画を観た結果…ですが

 

感想としては「誘って良かったな!!」だった。

 

帰りのタクシーで映画の感想を言い合ったのだけど
子どもの話題以外の話をするのがとても新鮮であった。

 

「二人で映画を観た」「感想を言い合った」ことが
あーーーーーー、そんな時代もあったね!と!
今日は倒れた旅人たちが生まれ変わって歩き出すくらいの衝撃がありました。

 

無理矢理でも二人の時間を作るのは悪くないのかもしれないな〜。
もしまた機会があれば今度は二人で飲みに行ってみようと思ってます。

 

なんでこんな話をするかと言えば、本日JTとHanakoママのコラボで始まった企画
ReThink『夫婦の時間』で描いたコラムがアップされたからでありますよ。

 

映画を観たのはこのコラムを書いてからだったんだけど
意識的に「ダンナと二人の時間を持とうかな…」という思いが
この企画のおかげで高まっていたからだと思う。

 

「夫婦仲がいい」って夫婦によってそれぞれだし
難しいけど、まわりを基準にせず、結婚生活の中で作っていくしかないんだろうな〜。

 

そういや会長(イラストレーター・ハラユキ)が東洋経済の連載から派生して作った
『つかれない家族』オンラインサロンで紹介していた
ノムさんのこの記事がよかったので貼っておきます。

 

 

夫に嘘の経歴しか言わない、自分の両親を一度も会わせない、
世間では悪妻と言われていたサッチーだけど、ノムさんにとっては
掛け替えのない妻だったんだな!
夫婦のことって本当に本人にしかわからんよね〜と
自分の両親を見ていてもしみじみ思うのでした。