ジュリー健在☆

昨日は友達のなとみん、おぐねえ、フニさんと

国際フォーラムであった『沢田研二50周年記念ツアー』に行ってきたよ。

 

いやぁ…すごかったよジュリー。

声の質も声量も歌唱力も本当にすばらしかった!

そして50年にちなんで50曲を2時間半で歌い上げる体力

本当にスゴい!

 

この記事を見たとき(

「え!?これがあのジュリー??マジで?wwwwww」と衝撃を受け、

恐いもの見たさの完全ネタ扱いで行った自分たちを恥じましたよ…。

昭和の大スター、なめたらアカン。

 

 

正直私はジュリー世代ではないので(たぶん10〜20歳くらい上がファン世代だと思う)

全50曲のうち知っている曲は5、6曲くらいだったけど

知らない曲もすごくよくて、ずっと聞き惚れておりました。


 

自分で編集したという過去の映像も自虐的でとてもよかった…笑った…。

 

ジュリー知らない人はいないと思いますが

一応若かりし頃の写真を貼っておきますね。

 

 

全国でものすごい数の公演をおこなうようなので

機会があれば絶対見ておいた方がいいと思います。

とくにさっきの J J J 写真(ジジイのジュリー写真)で笑ってしまった人は
ぜひ行って!「笑ってゴメン…」ってなるから!

 

すっかりジュリーに魅了&圧倒された私たち。

お揃いでツアーTシャツもゲットしたよ。
↑フツーにカッコいい。さっそく着てみた。(着る時は裾イン)
あまりに楽しかったので

「今のうちにできるだけスターの歌を聞きに行こう!」ということになりました。

年内は玉置浩二行けたらいいな〜。八代亜紀とかも行ってみたい〜。

 

世の中天才が多すぎる。

またなるべく平日は更新しようと思う。

「毎日」って決めないとすぐサボってしまうからな。

 

今日はお店らしく新入荷のお知らせをするよ!

 

『Bublubrau』(ブーブルブラウ)というブランドが新たに入っています。

 

オートクチュールで使われるフランスの古い技法ロッシェ・ドリュネヴィルを用いて刺繍。

使用しているビーズは1900〜1940年代のガラス工芸の技術で作られたもの。

それらに現行のプラスティックビーズを取り入れることでクチュール的アイテムにをPOPなアイテムに。

一点一点デザイナーによる完全ハンドメイド。

 

 

ということで全部1点物で今40種類くらいあるよ。(買い過ぎだろ)

もちろん全部店には出せないので、入れ替えながら店頭で紹介していきます。

 

またドエライ才能に出逢ってしまっただよ…。

 

実はデザイナーさんはオカダミカさんのお友達で

前にオカダさんとごはん食べに行ったとき

「かわいいピアスしてるなーーーー!」とマジマジみていたら

オカダさんが紹介してくれたのだ。

その日の午前中、アッシュペーフランスの主催する展示会に行き

死ぬほどアクセサリー作家さんの作品を見たけど

それほどグッとくるものはなかったのに。

 

 

そういや、その展示会で発表していたマルマンの

新しいブランドのノートがかっこよかったな〜。

(関連記事みつけた→

 

話それたけど『Bublubrau』も他にない個性なので

ぜひ見に来てください〜。

 

★インスタで日替わりで他のブランドも紹介するのでよかったらフォローしてね。

今度こそ日常に。

だいぶ間があいてしまい、すみません。

仕事も忙しいしな〜なんつってブログの更新が滞っているうちに

再び娘が発熱、入院することになってしまいました。

 

前回のことがあるので熱が出た時点で感染を疑い

病院へ言ったので、入院になったものの

短い期間で退院できた。

 

「再入院」と言われた時は心底ガッカリしたけれど

早く回復できてよかった。

 

アトピーではないものの、3年前くらいからずっとかゆみを伴う肌荒れを繰り返し

常に搔き壊した部分のある娘。

今後も感染に気をつけていこうと思う。(皮膚科もずっと通ってます…)


さて前回もでしたが、今回も同室に赤ちゃんの入院があり。

昼夜問わず、ほぎゃほぎゃと泣いている。

もうね…泣き声だけ聞かされてね…こちとら生殺しですよ…。


御尊顔を拝みたくてもカーテンで仕切られているし

大部屋といえど、カーテンの向こうは

そのご家庭のプライベートゾーン。覗き込むわけにもいかない。

 

赤ちゃん自身、どんな状況で入院しているかもわからない。

ひょっとしたら重篤な状態かもしれないのに

「赤ちゃん見せてください!」などと気楽に言うわけにもいかない。

 

しかしこの数日、なんとなく漏れ聞いたところによると

どうやらそれほど深刻な様子でもなく

一週間ほどの入院らしいので

退院の決まった本日、意を決してお願いに行く。


 

快く見せてくれたママ。

可愛い男の赤ちゃんを見られてホックホクでした。

 

というわけで、イラスト仕事はかろうじて病室でこなしたものの

お店もほったらかし、新作も入っているのに紹介もせぬまま…。

なかなか落ち着かない状態ですが

来週からちゃんとお知らせしていきます〜。(そんなことばっか言ってる気がするけど)

 

 

 

油断するとすぐにトラップを仕掛けられる人(私)。

今週末は小学校の運動会です。

 

娘は明日の外来受診まで学校お休み…

(退院したら行けると思ってたのに)なんで

ダンスの練習がほとんどできておらず

なんとも心もとない…。

 

 

ちなみに娘の1年生のダンスの衣装は

カラフルなTシャツで(鮮やかであれば何色でも可)

それはすでに買ってあるのだが

 

そういや4年生の息子からは衣装の話を一切聞いてない。

 

去年の息子からもお知らせを一切受け取らないまま

運動会当日の朝に学校から

「黒いTシャツを忘れたと言っているので持って来てください」という

寝耳に熱湯な知らせを受けました。

ねえよ!黒いTシャツなんか!!!(ミッションのタイムリミット30分…無理)

結局2枚用意していた神の化身であるところの同級生から1枚借りてことなきを得た。

 

その記憶を思いだしたので

「おい、今年も何か衣装の用意がいるのではないか?」と息子に聞いたところ

去年に引き続き「黒のTシャツ」とのこと。

 

先日、息子と出かけたついでに黒のTシャツも無事購入…。


しかし公式の情報ではなくポンコツ息子の口頭で聞いたもの。

プリントを見たわけではない。

なんだか急に不安になり友だちママにLINEしてみたら案の定

 

『黒?カラフルな色のTシャツだよ?』と教えてもらう。

 

 

そんな息子ですが

小さい子にはとても優しく、3歳女子を夢中にさせているそうです。

 

 

小豆だるまさんのブログ→

(週刊女性の連載より抜粋)

柊太もトコちゃんが大好きなようで相思相愛。

こんな息子でよければもらってやってほしい…。(本気)

武田真一アナがゴジラにおののいていたのって2週間前ですよね。

もうすぐ9月終るとか、本当に恐ろしいね…。

娘の入院はたった9日間だったのに

今月はなんだか入院だけで終った一ヶ月のような気がするよ。
お店も仕事もやりたいことは沢山あったのに
何も手に着かないまま終った感があるので来月は頑張りたい。
なんて言い訳してるうちに10月もあっという間にすぎる可能性大なので
ちゃんとやることリストを作るぞ。今年中にいくつかできればヨシとしよう…(自分に甘い)。
さて普段、自転車に乗ってて
「あ〜今日、轢かれて死んだらどうしよう〜」とか思う時あるでしょう?
そこから「もし今、私が死んだら…」という自分が死んだ後のことを考えだすのですが
それを考えだしたときに
「今轢かれて死んだら絶対アカン!!!」と強く思うときが。
なので頼むから忘れ物減らして欲しい。
(理由が明後日だけども!)
それはそうと、昨日、今日と立て続けに
歩行者側が青信号に変わった瞬間の横断歩道を
無理矢理走り抜けて行く車に出合った。
とマジで殺意を覚えました。
ほんまにやめてほしい。

日常にかえってきたよ。

娘が退院しました。

 

娘の入院の病名は「蜂窩織炎」という傷口から菌が入り

化膿、腫れたり熱が出たりするものだったのだが

初期症状は「壊死性筋膜炎」との見分けがつきにくいらしく

入院2日目に足のふくらはぎに大きめの水疱がいくつも出来た時は本当に焦った。

(ネットで調べると水疱は「壊死性筋膜炎」の症状になっていたので)

 

先生もその可能性を強く感じたのかCTスキャンを撮ることに。

(壊死している場合、ガスが発生するので気泡が写るらしく、その確認)

 

しかしまたこれが造影剤でアレルギー反応が出てしまい

呼吸困難になり撮影もできず…。

 

 

撮影できないので確実な判断ができず

ただただ投薬で病状が良くなるのを待つしかなかった。

 

「壊死性筋膜炎」は壊死した部分は切除しなければいけないし

30%は死に至るとあって

一時は娘を失うんじゃないか、という最悪の状況を考えては

不安でいてもたってもいられなかった。

結局、薬の効果で炎症の数値も日に日に下がり
培養していた血液からも菌は確認されなかったので
今日退院となりました。
足の腫れも水疱の跡もだいぶ良くなった。
自分が同じ症状で発熱した時は飲み薬であっさり治ったので
まさかこんなに大事になるとは思ってもみなかった…。
でも数日前の自身の症状があったから
娘の足の腫れにも気づけたかもしれず(最初はそれほど腫れていなかった)
早めに受診できて本当によかった。
しかし入院当初は「元気でいてくれるだけでいい!」なんて思ってたのに
後半には休んだ分のドリルを一向にやろうとしないので
「勉強せえ!」と本気でケンカするという…。
健康があると欲張りになるよな〜。

ちょっとだけお休みします。

長女の熱が下がらないな…と思っていたら足が腫れだした。

これ、私がなったのと同じパターンのヤツや!

 

かかりつけの皮膚科が休診だったので

小児科に再び行って、足のことを話すと

紹介状を出されて大きな病院へ行くことに…。

 

そして入院となりました。

なんでも傷口から菌が入って体内で炎症をおこしているらしい。

しばらく入院することになりそうなので

 

ブログの更新、お店の出勤はできなくなります…。

(お店ははっさんが開けてくれるのでFBかHPで営業時間チェックしてみてください)

今週土曜のマルシェは何とか出店しますよ。

 

ダンナも今日、来週いっぱいと出張なので全然泊まりに行ってやれない…。

小学生以下は病棟に入れないのでコマコ連れでは消灯ギリギリまで

付き添ってやることもできない。心細いだろうなぁ…。

こういう時、実家が遠いとつらいわ〜。

 

そんなコマコも今日はねえねがいないと知り

「さみちいねえ…」と言っていた。

お母ちゃんも寂しいよ。

でも一番寂しいのは京香だろうな…。早く退院できますように。

昭和の小学生。

昨日、京香が38度以上の熱があると

学校から連絡があったので迎えいに行った。
私が小学生の頃は途中で体調を崩しても
保健室で少し休んでから
自力で帰ってたと思うんだけど思い違いだろうか。
母親が迎えに来たなんて記憶はないな〜。
昭和ってそんな感じじゃなかったでしたっけ?
あとこれは地域差なのかもしれないけれど
息子とその友だちが呼び合っているのを聞くと
ほとんど下の名前で「○○(呼び捨て)」か「○○君」である。
私の小学生の頃、男子の呼び名は名字からくるあだ名でした。
「さかもっち(坂本)」とか「フジッコ(藤田)」とか
「そがやん(祖上)」とか「いけさん(池田)」とか「とくちゃん(徳田)」とか。
時代なのか地域なのかはわからないけど
もしかしたら「あだ名は良くない」という風潮でもあるのかな?
…本日も娘の熱は下がらないので
自宅で仕事したんだけど、明日もお店は行けないかもな〜。
そして習いにいってる金継ぎも…。トホホ。
さて本日は『お買い物交換日記』の更新日です。
今回は私の番でーす。

夏まつりのこと。

ここでお知らせしておりましたが

一昨日は五反田のカフェ『MIMOSA』で開催された

オカダミカさんの個展のクロージングパーティでした。

 

ミカさんや、このイベントに誘ってくれた室山さんが

いろんな人を紹介してくれたのに

イラストレーターの名刺はおろか、店主の名刺も持たず

(店のほうの名刺なんてまだ作ってもない…)

ただただ紹介される方の名刺をいただくだけ…という、そういう妖怪。

そういう妖怪で5時間過ごしましたよ。

 

 

今日、ようやく名刺を発注したけどな!(遅いわ)

 

イベントは大盛況でアクセサリーも売れたのに

ミカさんに紹介してもらった作家さんのアクセをガッツリ仕入れてしまい

帰りのほうが荷物が増えるという…。

 

★新たに置かせてもらうアクセの話はまた改めて。


元々はりきって大量に荷物を持って行ったので、本気で肩が砕けるかと思った。

出店経験を重ねて、もっと精度をあげていきたいです。

 

 

いや〜しかし、めちゃくちゃ疲れたけどめちゃくちゃ楽しかった!!

 

憧れの伊藤桂司さん(室山さんのご主人)とも写真が撮れたし!

肝心のミカさんと一緒に撮るの忘れたけど!

 

今週末9月16日(土)は三鷹駅北口で

『タワーマルシェ』(16〜20時)に出店するので

こちらもよかったら遊びに来てくだせえ。

 

銭形警部より新衛門さん

いろいろ描きたいことはあるけれど

時間がないので、子どもメモ。
俺の感慨を返してくれ…。