乙女の心をもてあそぶな。

今日はよく働いた…。

昨日打ち合せのついでに映画見たり買い物してたツケが回ってきただけなんだけど。

 

最近、長女(7)が、学校の図書室で

「ラブリーおまじない☆」や「ガールズ占い☆」的な本をよく借りてくる。

女の子らしくて大変よい。それを読んで友だちとキャッキャしてるだけなら

なんと微笑ましいことでしょう。

 

だがしかし!だがしかしですよ。

 

今朝、朝食後のデザートにとリンゴを剥いていたら

京香が「リンゴの種をくれ」という。

いったい何をするのか聞いてみたら

 

 

おい、このおまじない考えた大人!米粒に写経とまではいかないけど

リンゴの種にリボンを描かせるって何!!!?

もうちょい大きめのモノなかったんかい!

 

 

そんなおまじないを信じてせっせと実行している娘をみると

(たぶん)テキトーなおまじない考えて、一冊の本にしている大人ってヒドいな…と思いました。

 

 

そして私は娘に服を買ってやらければいけないのかな…。

 

話は変わりますがブログでも以前に描いた、ポーランド映画の『ゆれる人魚』

明日から高井戸シネマで上演されるようです。

まだ未見の人は是非この機会に行ってみてください〜!

私ももう1回観ようかな。サントラも買ったけどものすごくいいよ〜。