わかってくれる人いませんか!?

前回のブログでフィットボクシングの累計消費カロリー

「2956kcal」としていたが、一桁間違えてました。

今日で3万kcal消費したよ、本当にどうでもいいだろうけど。

 

放課後は学童に通っている次女、駒子だが

帰宅がだんだん遅くなってきて

先日ついに降所してから一時間近く帰ってこなかった。

 

 

同じマンションのお友達をドアの前まで送ったりして

30分くらいかかるのはザラだったのだが

1時間もかかったことはなく、さすがに心配になり

外へ探しに行くも姿は見つからず。

 

自宅に戻り、学童に電話したと同時くらいに帰ってきた。

もちろん「おかえり!」ではなく怒号でお迎え。

 

 

「一体何をしていたのか」

「学童でたらまっすぐ帰りなさい」

「寄り道はしない」

などと一通り叱りながらも、無邪気に帰ってきた時の顔を思い出し

キューンとなる。

 

 

私、駒子に限らず子供を叱ってるときに時々

怒られてる子どもが可哀想で、可愛くて、

キューンとなるんだけど、これって何かの精神疾患でしょうか…。

ちょっと怖いわ。

 

 

さて熊本から一時帰宅しているダンナが(って単身赴任終わったんちゃうんけ!)

昨日今日とお休みらしいので、さっそく昨日は映画を観にいった。

 

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』

 

 

めちゃくちゃ面白いので観て!!

高校生の青春コメディだけど悪い子、ひっとりも出てこないから!

悪い大人は一人出てくるけど、全然悪くないから!(何を言っているのか)

ラストも最高だったなぁ…。


今夜も映画に行く予定だが、何を観ようかなー。

遠出できないから観られる作品限られてるけどな。

月イチ報告。

昨日は中学校の引き取り訓練があったので

お店も仕事も休んでいたのだが、あまりにヒマなので

4話目で止まっていた『愛の不時着』の続きを観ることに。

 

不時着ファンは熱い感想を期待されることでしょうが

結局6話までしか観てないのでなんとも…。

「観出したら止まらない」「一気に全話観た」とか聞くが

正直そこまでハマれていない。面白いのは面白いけど!

 

 

観終わる頃にはめちゃくちゃ語ってるかもしれない。

今ですら完全に乗り遅れてるのにそうなったらちょっと恥ずかしいけど…。

 

さて、みなさんには全然興味はないでしょうが

コロナの自粛生活から始まった家での筋トレ&フィットボクシング 

毎日やってついに3ヶ月が経ちました。

2ヶ月時点では1mmも体重は減ってなかったが

ここにきて2kgほど減ったよー。

 

 

筋トレは億劫だが、フィットボクシング は楽しんでやっているので

このまま続けていきたい。

 

 

夏休み最終日。

今日で夏休みが終わる。

毎年最終日は仕事を休んでお出かけをしているので

今年も同様、映画を観に行った。

 

3月公開だったのがコロナのせいで延期になり

ようやく先週から公開になったピクサーの

『2分の1の魔法』

 

 

伏線もたくさん散りばめられて

めちゃくちゃよくできており

バッキバキに泣いてしまったのだが

あまりにうまく作りすぎた結果、薄味な気もしなくはなかったです。

あと魔法のあった時代と現在の地続き感がなさすぎたな…。

 

でも次から次へと展開する冒険パートがテンポよくて

子供達3人とも「あっと言う間だった」と言っていた。

 

それにしても毎度吹き替えに対して思うのだが

俳優はともかく、大して演技力もない芸人を

声優に起用するの本当にやめてほしい。

ピクサーもドリームワークスもイルミネーションも

芸人が主要人物の声を担当しがちだが

そうしなきゃいけない決まりでもあるのか…。


ちゃんと本職でやってる声優さんを使ってくれー。

 

公開から日の浅いピクサー映画ですら

映画館は本当にガラガラであった…。

映画館、換気システムも整っており、決して密閉施設ではないので

もっと多くの人に行ってほしいな、と思う。

わいにできることはせめてポップコーンやパンフレットを買うことくらいだで…。

 

さて明日でお弁当生活も終わる!

子どもとともに私も生活のリズムを戻していかねばー!

 

 

「やってるよ」を鵜呑みにした結果…(鵜呑みにするな)。

読むだけで旅気分。

昨晩ブログ書こうと思ったら、また息子が

「夏休みの宿題のうち2つの課題プリントがない」とか言い出し

一緒に探す羽目になったんだが、デジャヴ感がすごい

 

そしてこれまたプリントを保存しているファイルを

かたっぱしから探し、紙のゴミの山も一枚ずつ調べ、諦めかけた頃に

ソファーの下にあるのを私が発見するという…。

 

 

以前のブログに『この「あるはずのものを探す時間」に

息子は人生の何時間、下手したら何日費やしていることか。』って書いたけど

いやいやいやいや、その都度巻き込まれているわしの人生の時間も

めちゃくちゃ無駄になっとるがな!!!!

時給換算したらすでに1億は損失出とるわ!!!

 

料理を作ってくれるようになった、などと浮かれていたらこのザマだぜ。


 

そんな感じなので前回のブログを読んで

「カツヤマさん家のご長男はお料理作ってくれるらしいわよ!いいわね!

うちの愚息も見習ってくれないかしらん…」なんて思ったそこの浅はか奥さん!

よくよく考え直したほうがいいよ!!見習ったら億単位で損失でるから!!

 

と、この手の話はもう飽き飽きかと思うのでこれくらいで。

 

今日は大事なお知らせがあるのだ!

 

友達の会長ことハラユキの新刊が昨日発売に。

『オラ!スペイン旅ごはん』(イーストプレス)

 

 

スペインご飯本。それにしても全ページカラーって気が遠くなる作業料だな。

でもその努力あって、カラーで見る料理は本当にどれも美味しそう。

あとレイアウトが本当にうまい。

 

そしてなにより「美味しいものを食べたい!!」という

会長の熱に圧倒される。

スペインという異国の地で、慣れない言語にもめげず

いろんな地方の美味しいものをリサーチしまくっては突撃する

そのパワー。本物の食いしん坊だな…と改めて思ったわ。知ってたけど。

 

私と息子が3年前にバルセロナに遊びにいった時も

美味しいお店をリサーチしては連れてってくれたのよなー。

 

と、当時のfacebookの投稿を漁って見てたら

楽しかった旅の思い出に目頭が熱くなってしまった。

 

 

 

今は海外旅行に行けない状況だけど

この本を見てるだけでも旅気分を味わえますよー。

 

早く大手を振って、世界中を旅できる世の中になりますように。

 

たまには自慢させてくれ!

子育ては当たり前だが難しい。

自分のDNAを持ってはいるけど全然別人なのだ。

そんな未知の人格を、子育ての専門家でもない

一般人が育てるんだもんなー。

 

なので知人から聞いた話や

ネット上の『かしこい子を育てる10の方法』的なやつを

期待をもって試してみるけど

まぁうまくいかない。

 

自分でもいろいろ考えて工夫してきたつもりだが…。

 

 

 

結果「死ななければOK!」という

一番低い位置にハードルのピンをさすことにした。

(まぁこれもなかなか大変なんだけど)

 

 

そんな心意気?で育てた息子が

晩ご飯を一人で作ってくれるようになった!

家事はこれまでも積極的に手伝わせており

料理も口頭で伝え、メモらせ、何度か同じメニューを繰り返し

一緒に作ったのだが労力の割に全然定着せず(これも失敗例)。

 

ところが前にもチラッと書いた料理研究家リュウジ先生

動画を教えたところ、次々と作ってくれるように!!


 

これまで一品作るくらいだったが、昨晩は

ご飯を炊き、味噌汁を出汁から取り

ハンバーグとポテサラをイチから一人で作ってくれたのだ!ギャー!

 

 

嬉しすぎてつい、SNSに投稿してしまった。

 

「動画」がよかったのか「リュウジ先生」がよかったのか

「自分でメニューを選ぶ」のがよかったのかはわからないが

なんかやっと成功した気分!

 

しかしこれを「動画で料理、絶対オススメです!」なんて言ってみても

ハマらない子もいるのは100億も承知…。

(現に長女はまったく食いつかないし)

 

それでも何か一つでも「うまくハマった!」という

子育て成功体験がこの先あなたにもありますように…。

という「ちょっとうまくいったからって急に上からアドバイス出すマン」が

ここに爆誕したのであった。…気をつけます。

 

 

悪い結果に対しては「お前が甘やかすから」などと言われがち…。

夏休みの思い出。

日曜日は子ども達を連れてお台場の『ジョイポリス』へ。

 

長男のポージングがいちいち厨二病入ってて最高に気持ちが悪い。

 

前日に調べると「子どもが一人が無料になる親子ペアチケット」や

「当日誕生日ならフリーパスが無料」などがあることを知る。

実質、大人一人分、子ども一人分の料金で1日遊ぶことができるとな!?

 

ってまぁさすがに1日もおらんだろうし、

同じ建物内にある『レゴランド』に行ってもいいし

ビーナスフォートをぶらぶらしてもいいな、と思ってたら

ガッツリ7時間半も滞在してしまった。

 

 

コロナ禍の今、屋内施設は少し不安だったけど

よく考えたらこの気温、完全に屋外の方がヤバイ。

 

日曜だったけどコロナの影響かお客さんも

それほど多くなかった。(入場制限してたのかも)

 

なんだかんだで11個のアトラクションを体験。

同じ建物内のレストランで長女の誕生日祝いをし

「ちょっと買い物に一軒だけ行っていい?」と

どこかの店に連れて行くと見せかけて

予約していたホテルへサプライズで連れて行ったら

みなめちゃくちゃ喜んでいた。

 

お台場に行くたび必ず寄るフリーメイソン専門店『M』も

以前は付き合ってもらったが、今回は行くのをガマンしたんだぜ。

(時間がなかっただけだけど)


 

地味な夏だったけど、最後に思いっきり遊べてよかった。

あとは夏休みの宿題の総仕上げじゃ〜!

 

 

夏の思い出を作りたい。

もう明日は土曜日かーー。一週間早いのう…。

 

夏休みも残すところ10日になってしまったが

突然の帰省以外、どこも連れて行ってやれてないなー。

帰省も私が毎日病院通いする間、母の家で閉じこもってたし。

 

夏休み恒例の宿題「絵日記」何を描けばいいのか…

 

ということで思い立ち、長女誕生日の明後日は

都内のホテルに一泊することにした。(まだ子ども達には内緒にしている)

せめてもの夏休みの思い出になりますように…。

 

 

 

 

 

毎日のささやかな楽しみ。

お店の建物は元々湿気の多い物件なのだが

今年は梅雨が長かったせいかいつになく湿っており

気づけば普段使っていない裏の部屋とか

めちゃくちゃカビだらけになっていた。

 

冬は鬼のように寒く、夏はカビに悩まされる。

 

本当に住んで(使って)みないと

その物件のマイナス面はなかなかわからないもんですね…。

築浅にこしたことはないってことか。うちの物件、ほぼほぼ私と同い年だし。

なんでも若い方が…ってやかましいわ!

(しょうもないのはわかっていても、やらずにはおれないノリツッコミ。病気)

 

とりあえず、湿気にはうんざりなので除湿機を買ってみた。

割とええやつ。除湿範囲も広いし、水タンクも大容量なのだが

デザインがクソダサい。でもこの際見た目はどうでもいい。

いい仕事してくれたらそれでいい。

 

 

店内にディスプレイしていたドライフラワーも湿気でダメになったので

すべて処分して買い直しました。予想外の出費っていろいろあるよなぁ…。

 

 

緊急事態宣言がいつまで続くかわからなかった時は

店をたたむことも考えたけど、一度仕事場を外に出してしまうと

自宅で仕事するとか、考えられないのよな。

なんで、まだ当分はお店兼仕事場で頑張ります。

 

多少湿気もマシになったのできてね。

 

あと帰省でバタバタしており、紹介しそびれてましたが

『しあわせカメラ』(自由国民社・パパカメラ著)

カバーイラストと中のマンガを少しだけ描いております。

 

著者さんは「明治安田生命」のCM(小田和正のアレです)に

なんども起用されている写真家さん(本業は放送作家)。

子ども達のいい瞬間を写真に収めるコツが満載です。

私も写真がめちゃくそ下手なので勉強したいところ…。

すぐに実践できることばかりなので、ぜひ読んで試してみてくださいな!

 

 

 

 

 

 

あとは祈るしかない。

どうもどうも。ご無沙汰しております。

つっても一週間ぶりだけど。

 

前回、父の癌を知り、落ち込んでいたものの

「歳だし仕方ねえ。早期だし、ゆっくりつきあっていけばいい」

「とりあえず今年の夏は、帰省ナシ!!!」

と思い直し、翌々日には呑気に映画見て、ブログ更新しようと思った瞬間

兄から「もうアカンかもしれない」的な電話をもらう。

 

なんでも試した抗がん剤がキツくて、胃潰瘍ができ

胃潰瘍から出血、他の臓器もえらいことになっており

即入院&透析を開始したとのこと…。

 

コロナ禍の中、悩みに悩んで新幹線で駆けつけた時は

本当に見るのも辛いくらい弱っており

意識はあるものの私のことも認識できていない様子だった。

 

「これはもう本当にダメかもしれない」と覚悟していたが

ホップ・ステップ・ジャンプ!くらいの勢いで日に日に回復し

4日後には声は出ないものの、テレビも見られるように。

 

 

よかった…本当によかった!

危機を脱した以上、簡単に面会もさせてもらえないので

とりあえず昨日、東京に戻ってきました。

 

コロナのことがあるので、帰ったことが正解なのかはわからないけど

それでもやっぱり、近くで応援できてよかったと思う。

 

しかし「東京からきた」ことを意識しながらの帰省は

やはり後ろめたく、申し訳ない思いが大きかった。

私にかぎらず、全国の人が堂々と地元に帰られる状態に

1日でも早くなりますように…。

 

 

 

いかなる状況でも、東京から移動することに嫌悪感を感じる方もいると思います。

ダンナが出張中でやむなく子供達を連れての帰省になってしまいましたが

母に面倒をみてもらい、誰にも会わず、なるべく接触しないよう心がけました。

それでも不安や不快に思われるかもしれません。本当に申し訳ありません。

 

 

とか、めんどくせえ世の中だな。

どうしたらいいのか。

今朝、父が癌であることを聞いて

朝から泣いたりぼうっとしてたら夕方になってしまった。

泣きすぎて頭痛い。

 

今年は大切な人を2人も亡くしたし

コロナもあるし、これ以上何も起こらんでくれよ、と思っていたが

そうはいかなかった。

 

父ももう82歳だし、いつ何があってもおかしくないと覚悟はしていたつもりだけど

それが現実に感じられるようになると、狼狽てしまう。

まだ比較的早期だし、すぐにどうこうではないと思うけど

抗癌剤でつらそうな様子なので帰ってあげたい。

 

でもコロナのことを考えると、今帰るべきじゃないのかな、とも思う。

でもこの先、安心して帰れるようになる見込みもない。

どうしたらいいのかわからない。

 

考えすぎてさらに頭が痛くなってしまった。