大事なことなのでもう一回。

先日もお知らせしましたが

イラストを担当した宋美玄先生監修の

『娘に伝えたい性の話』が本日発売なのでよろしくお願いいたします!

 

写真を撮るために息子に持つように頼んだら

「新元号は『令和』です!!!」と言って掲げてくれた。(違う)

 

前回、ブログでお知らせしたのちに

FBのほうでリンクしたそれを読んだフクちゃんに

「性教育を底上げする時期、競ってる場合じゃなく、ともに盛り上げて行こう!」

的なコメントをもらい、ライバル扱いしていた己の器の小ささに死のうかと思いました。

いや、ホントそうだよね!!

 

日本の学校教育では「性交渉」「セックス」という言葉は

「性的接触」という表現に置き換えられているように

なんちゅーかボンヤリしていて

結局のところよくわからないことになっているのだ。

 

そうすると親が教えない場合、子どもたちは何で学ぶかというと

アダルトな漫画や映像になるわけで

こと男性が目にするものは過激なものが多く

それによって間違った知識を持ってしまうことが男女ともに不幸を生む訳です。

 

自分の身体を大切にできれば

他人の身体も大切に思える。

ってことで、本当に性教育大事だと思う。

 

日本は性教育後進国なので、学校ばかりに頼らずに

家庭でも積極的にそういう話ができればと思ってます。

 

私が高校生の頃、よく泊まりに行っていた友達のおっちゃん(父親)が

入り浸っていた私たちを集めて

「避妊がいかに必要か」ということを力説してくれたことがあったんだけど

そういう話をしてくれる大人はほとんどいなかったので驚いたと同時に

「すごく心配してくれている」ということが伝わって感動したもんです。

 

 

我が家もぼちぼち話はしてるけど

ちゃんと時間をとってしっかり理解してもらう機会をつくりたいな、と思う。

 

みなさんにも家庭内での性教育のきっかけになる一冊になりますように!

フクちゃんの渾身の一冊『おうち性教育はじめます』もよろしくな!

 

思い通りにならないのが人生。

最近のニュースが「木を見て森見ず」状態なのでは!?

という思いでちょっとイライラしてるんだけど

まぁそれはいいんです。

 

最近長女が学校で使っている粘土(あの一般的な灰色のヤツ)を使って

『鬼滅の刃』のキャラ(ツムツム風)を作っていたのだが

いつまでも放置しておけないので

「(私が捨てない限り)半永久的に残せるであろう紙粘土で作ればよろし」

と思い紙粘土を買ってきた。

これならばあとで彩色もできるし、作品的には灰色粘土よりも高いレベルが作れるでしょう、と。

 

↑娘が油粘土で作った鬼滅キャラ

 

そうして渡してやった紙粘土をきゃあきゃあと兄妹でこねているではありませんか。

微笑ましい&創作意欲を掻き立ててやった母親(オレ)素敵。

と思っていたら3人揃って「今からプレゼンをするから、一番いいものを選んで」との要望。

 

いったい3人でどんな作品を作ったのであろう。

どれどれ、と細めた目で見せてもらうと

 

 

 

 

 

上から駒子作、京香作、柊太作

 

 

子どもの創作意欲に呼応してこちらが「これを与えればすごいものを作るかも!」

と思った結果、ドロップキックで「親バカ」という谷底に落とされたことは

一度や二度ではなかったのに、また同じ轍を踏んでしまった。

 

それでも一人ひとり「このウンチのどこがいいか、どこに創意工夫を感じるか」を

寸評した私を誰か褒めて…。

 

 

44歳にもなってウンチのプレゼンを受けることになるとは…

さらにはそれを評することになるとは…。

 

中学生の私に教えてやったらあの娘はどんな顔をするだろう。

 

今回もギリギリセーフ。

今日は3人を連れて新宿で映画。

『前田建設ファンタジー営業部』を観てきた。

 

 

「前田建設ファンタジー営業部」とは、ダムやトンネル、発電所などの

プロジェクトに関わってきた前田建設工業株式会社の広報グループによる実在のWEB企画。

その広報グループが『マジンガーZ』の格納庫の発注を弓教授から受けたという設定で

現実世界の技術、材料でどのように設計・建築できるかについて

工期や工費の見積りも算出した実話を映画化。

今も前田建設のWEBで見られるよ→


弓教授

 

柳田理科雄さんの「空想科学読本」好きの息子

「映像研には手を出すな!」好きの娘2人なら楽しめるんではないかと思って

行ってみたが(駒子はやや無理があるけど)

期待以上におもしろく、笑いっぱなしで2時間あっと言う間だった。

 

コメディだけど、まわりをどんどん巻き込んで

不可能かと思われるプロジェクトを完遂する

熱いお仕事映画でもありました。

 

柊太もずっと笑ってたし、京香も「おもしろかった!」とのこと。

小学校高学年だったら楽しめると思いますよ〜。(とくに科学好きは!)

 

とりあえず息子は今回もイヤイヤながらついてはきてくれた。

最後に一緒に観る作品は何になるんかなー。

上杉謙信とよんで…。

今日は高槻からお客さんが来てくれるので

お店をあけて仕事をしていた。

 

大きな仕事も片付いたので、骨董市を回ったコミックエッセイの

単行本作業に取りかからねばならない。

みなさん、発売したらよろしく!(まだ1mmも作業してないけど)

 

しかし!その前に!

今月19日に宋美玄先生監修の性教育本

『娘に伝えたい性の話』が出ますんで、先にそちらをよろしくお願いします!

 

 

生理のことはもちろん、ピルやLGBTのことまで

マンガと文章で解説しておりますよ。

 

 

私も描きながらいろいろ勉強になりました。

とりあえず娘には年頃になったら必ず

HPV(子宮頸癌)ワクチンを打ちます!!!

 

いい本ができたな…と思うんだけど

ひとつ残念なことがあるとすれば

フクちゃんことフクチマミちゃんが同時期に

同じテーマの本を発売することだよーーーーーー!!!!

 

『おうち性教育はじめます』

 

あの女、売れる本しか作らないからな!

一番ライバルにしたくないヤツなんやで…。

 

なんか試し読みできるらしいよ…。読まなくてもいいけど。→

 

というわけで、みなさんどちらもよろしくお願いします!!!


 

 

いつかモテますように…。

今日はバレンタインデーですね。

駒子は保育園の帰りに

京香はわざわざ相手の子に近所まできてもらい

二人とも無事、チョコを男の子に渡すことができた。

 

しかし買い物に始まり、作る、ラッピング、相手に渡す段取りまで

親は地味にめんどくさい。

廃れて欲しい年間イベントとして「ハロウィン」に並ぶ勢いだわ。

 

さて、もらう側のうちの男子はというと

それはそれは地味な一日を過ごしておりました。

 

最近、休みの日は男女交えたグループで遊びに行ったり

(といっても自転車で市内をぐるぐる回ったりしているだけなのだが)

生意気にもライングループを作ったりしているので

義理のひとつやふたつやみっつ、もらってくるかと思ってたのに。


ライングループといえば、昨晩はスマホを手放さず

延々画面とにらめっこしているので

「またLINEやってんのか、いいかげんにしなさい!」と近づいたところ

何やらブツブツと数を数えている。


 

そら、義理ですらチョコもらえんわ…。

 

となったので、今年のプレゼントはナシです。

今週しめきり多いのだが…。

先週の土曜日、学校公開だったため

本日は小学生組が代休でお休み。

なので駒子も保育園を休んで映画に行くことに。

 

 

「吹き替えでも駒子にはキビしいのでは…」と思っていた

『ナイブズアウト』、予約したらばなんと字幕だった!!!

 

一昨年観た『カンフー・ヨガ』が字幕で

娘二人を死んだ魚の目にさせたことがあったので

(私も内容がナニでまぁまぁ死んだ目になったが…)

以来気をつけていたのに!!!

 

 

娘たちは中盤で挫折し(そりゃそうなるわな)

ロビーで遊ぶことになる。

 

その後、自宅に帰ってからバレンタインのために娘2人と

固体であるところのチョコレートを溶かして、再び固体にするという不毛な作業をしました。

 

肉塊をミンチにしてまた固めるハンバーグ作りよりも不毛。

息子がケシカスを集めて、ねりケシ作ってたことより不毛なのでは…。

(そういやそんな話、以前ブログに書いたな→


ところで明日も祝日なのですが皆さんご存知?

さすがに4日も仕事しないと、いろいろマズいので

明日はダンナに任せて、私は仕事しにお店に行きます…(なので店に遊びにきてね!)

 

 

 

いつでも今が一番。

今日は打ち合わせが2本あった。

打ち合わせ、昔はちょこちょこあったけど

最近はメールや電話で済ませることが多いので

一日2本も行くのは本当に珍しい。

ひとつめの打ち合わせが銀座で終わり青山に移動したのだが

 

 

自宅、というか自宅マンションの下の階が火事になったらしく

今日は打ち合わせできないとのこと(そりゃそうだ)。

ということで2本目はリスケになる。

とりあえず、そのかたが無事でよかった。

 

しかしせっかく青山まで来たんだし

なんかシャレたものでも食べて帰ろうかな?と思ったけど

もし入った店のランチがハズレだと「me は何しに青山へ?」感がいっそう強くなるので

何も食べずにおとなしく帰る。

 

 

チラ見したら3歳くらいの男の子。めちゃくちゃかわいい。

あんな時もあったな…と思ったら泣きそうになった。

うそです、ちょっと泣きました。

 

 

先日も昔の我が子の写真&動画を見て

「いいなー!かわいいなー!一日でいいからこの頃に戻りたいなー!」

とか言ってたら、息子が

 

 

まぁ、そうなんだろうな。


今を大切にしまーーす。

 

無理に更新することはない。

今日、晩ご飯を作りながらふと

 

 

のリズムと手拍子で言われたら一番イヤな言葉って

 

 

だな…

と思ったってだけの話です。(だって書くことないから)

 

それはそうと「人柱」といえば『まんが日本昔ばなし』の

「キジも鳴かずば」ではないですか!!

 

いまだに弥平の「人柱」シーンがトラウマになってるわ。

 

 

あの救いのない話なんなん…。昔の日本人えげつないな。

かわいいコマコメモ。

今日は仕事のお知らせはないよ。

また何かあればお知らせしまーす。

 

でもお知らせないと描くことない。

 

なので個人的に超絶可愛い次女、駒子の

忘れたくない小さなことをメモっておきます。

 

ほかには今、ホットなのが

映画『カイジ ファイナルゲーム』の藤原竜也の名台詞

「キンッキンに冷えてやがるーーーー!」を京香が

飲み物を飲むたびに口にしていたのだが

それを聞いていた駒子が

藤原竜也のマネをする京香をマネするようになった。

 

これがまた震えるほど可愛い…。ちゃんと言えてないし。

 

可愛いけどダメ。それを言うのはあと10年待って…。

 

そんな駒子も4月から1年生。

今日、小学校で新一年生の保護者会があり

「あぁ…もういよいよだな…」と寂しくなって帰って来たのでした…。

仕事のおしらせ その3

3冊目は2月5日にダイヤモンド社から発売される

『1秒で不安が吹き飛ぶ言葉』です。

 

 

これはゲイの精神科医Tomy先生がTwitter(@PdoctorTomy)

でつぶやいた

前向きになれる言葉をまとめた一冊。

Tomy先生、つぶやきだして半年でフォロワー13万人になったんだって…。どんだけ…。

 

Tomy先生の書籍は8年前にもイラスト描かせてもらった事があり

先生のTwitterアカウントのアイコンも私のイラストを使ってもらっている。

 

そしたら先日、先生が上京される際に「一度ご挨拶を…」ということで

ランチをご一緒させてもらった。

 

 

先生は顔出ししてないので、形容するのはあんまりよくないかもしれないけど

神田松之丞似の柔らかい雰囲気の紳士ですよ〜。

 

 

さて、本日受験当日を迎えた息子。

受験後、塾に報告に行く前に仕事場近くで待ち合わせをしてランチをする。

 

 

こうしてアッサリ?受験生活は終わったのでした。

 

私は昨晩「受験の集合時間に間に合わない」という夢を

パターン違いの5本立てで見てしまい、起きたらぐったりだったわ…。