そうかもしらんけど!!!!

最近タイツ熱がすごい次女・駒子。

 

保育園では走り回ったりすると滑って転ぶから

靴下を脱いで過ごすので、脱ぎにくいタイツは基本禁止である。

そうなると休日にしか履けないアイテムなんてもったいないので

親は当然買わない。

 

というわけで入手困難&お友達も着用していない幻のアイテムとして

「タイツ」に憧れをもつようになったらしい。

先日「買ってほしい」と言われたが先にも書いたように普段使いできないし

もう冬も終わりかけているので、間をとって?リブ編みのスパッツを買ってやった。


駒子は長女の京香よりもオシャレに対する思いが熱い。

 

常に京香のお下がりがあるうえに、京香の幼なじみのコが

大量にお下がりをくれるので

駒子の服をほぼほぼ買ってやったことがないのが原因かもしれない。


そうして本日、私の記憶が正しければ

5歳にして人生4度目(うち1回はリブ編みのスパッツ)の

「服を買ってもらえる」状況がきて夏用のワンピースを

自分で選んでゲットした駒子。


そうしたら、その後のハッスル具合がえぐい。

まだ気温が低い中、その夏用ワンピースに着替え、上着も着ずに外に駆け出したり

明日、保育園に着て行くべくコーデを考え料理をする私のところまで見せにきたり。

 

 

 

そんな駒子がいじらしく可愛らしく、私と一緒で服が好きなのも嬉しく

私が幼少の頃に母に言われて大切にしていた一言

 

を放ってみたところ


だってさ…。

ああ、無情。

 

 

 

切なかわいい話。

先日の夕方、長女の友達H君の家にちょいと用事があって

そのコのマンションの下までお邪魔した。

 

 

 

H君の妹Kちゃんとうちの次女は同じ歳で

0歳の頃から保育園も一緒なんだけど

 

 

次女・駒子はその友達のマンションまで自分の自転車で行きたいという。
自転車…つってもゴリゴリの補助輪付きで

普段もあまり乗る機会がないので、登り坂は上がりきれないし

運転も危なっかしい。

すでにまわりも暗いし、時間もかかるのでやめてほしかったが

Kちゃんに自分が自転車に乗れることを自慢したいのであろう。

その気持ちを汲んで、補助輪付きの自転車&徒歩で向かうことに。

 

そうして意気揚々とKちゃんのマンションに到着!!

 

 

「三輪車!!!!!」

 

もちろん5歳さん、バカにする気持ちは1mmもなくて

彼女の中では「補助輪のない」ものが「自転車」なのでしょう…。

補助輪付きの自転車をどう呼んでいいかわからず、

「三輪車」と表現していた時点で

おそらくKちゃんはすでに補助輪なしの自転車に乗っていると思われ…。

 

当然駒子はそんなことは理解もできず

「わたし、自転車乗れますねん…」という感じでひたすらイキってる。

 

ちょっと不憫だったけど(笑)

補助輪付きの自転車を「三輪車」と表現したKちゃん、

「この世で自転車(補助輪付き)を乗れる5歳は私くらいのもんよ…」という勢いの駒子、

どちらも可愛いな!!!と思ったのでした。

 

それだけ!

 

 

後半まとも。

口の中の横の壁?部分を一回噛むと

飛び出してしまい、その後同じ部分を何回も噛みませんか。

めちゃくちゃ痛くないですか。

 

今日の昼ご飯時にうっかり噛んだ部分を

晩ご飯時だけで3回噛んで、めっちゃくちゃ腹が立つんだけど

どこに怒りをぶつけていいのかわからない。

 

 

というどうでもいい話をしばらく日記代わりに更新していきます。

 

そうそう、今日、三鷹で仲良くしてもらっている

素敵な本屋さん『よもぎBOOKS』さんで

ただいま『せかいいちのいちご』絵本原画展が開催されてます。

今日、仕事終わりにチラリと寄ってきたんだけど

 

絵本でもマンガでも原画と印刷って本当に違うのよね。

平面の絵なんだけど原画って立体なんだよな〜。

インクが紙に沁みているとか、筆圧で紙が凹んでいるとか

物理的な意味だけでなく、描いている人と、その状況まで浮かんでくるというか。

めちゃくちゃライブ感があるんですよね〜。

 

原画以外にも絵本のラフを描いたスケッチブックも展示されており

(欄外に絵本と関係のない猫のスケッチなんかもあり)

本当に見応えがあるので、ぜひに!!3/21までだよ!

 

 

美術館やギャラリーに行かなくとも

街の本屋さんが原画展をしてくれる…なんと素敵なことでしょう。い

気軽に子どもとフラッとよって、本物に触れさせてやれるってめっちゃやくないですか!

 

ということをね、よもぎさんはね、常にやってるんですよ。

(先月は安野モヨコ先生の『オチビさん』の原画があったんだぜ…)

 

お店をやっている者として、あの機動力、本当に見習いたいと思う。

機動戦士や。今度からよもぎさんのこと「ガンダム」って呼ぼう。

 

 

 

器の良さに気づく年齢に(遅い)。

うっかりしていると一週間くらいヨユーであいてしまうね。ブログ。

今日もイラストレーター友達の白さんと

「毎日書かないと構えてしまって書けなくなるよね」という話をしたのでした。

 

今日はその白さんと横浜まで

永井文子さんの作陶展に行ってきた。

 

※うう…写真がへたくそで本当にすみません…。魅力を伝えられない…どころか足引っ張ってる感…。

 

お店にも作品を置かせてもらっている永井さんは

白さんの大学時代の同級生で、私がお店をする際に器も置きたくて紹介してもらったのだ。

 

永井さんの器は、料理が映えるものが多く

作品を見ているだけで、そこに置かれるであろう料理が想像できる。

 

私は来客用のカッコいい取り皿が欲しいと思っていたので

コチラを購入しました。子ども達には使わせないぜ。

 

 

私は料理は好きではない(むしろやらなくていいならやりたくない)タイプだけど

器がカッコいいと、多少やる気になれる。

たいしたことのない料理でも器がよければ様にもなるもんね!!!

 

永井さんの作陶展は本日が最終日だったので

今頃ブログに書いても見に行けないのが申し訳ないですが

一点ものなら私のお店にもあるので

よかったらおいでませ。
4月の1日(月)〜7日(日)まで
三鷹の『Cafe Hi-famiglia』でやる
リミテッドショップにも持って行くのでよろしくです〜。

こんな娘の親、本当にイヤだわ…。

最近塾に自転車で行っている息子。

今日は帰るなり「(塾から)10分で帰れた!最高記録!」とか言ってくる。

普通に漕いだら13〜15分くらいの距離なのだが

無茶な運転をしているのじゃないかと心配になり

「そんな記録に何の意味もない。とにかく気をつけて帰れ!」と伝えた。

 

けど、そこで思い出したわ。

自分の高校生の時の記憶を。

これも例によって思い出したのでメモ(自分用)として書き留めておきます。

 

私は通っている公立高校まで自転車通学していたのだが

通っているうちに通学時間の記録を更新したくなった。

毎日通っている道だと「ここで信号につかまらなければ

猛ダッシュすれば次の信号にもひっかからない」とかわかってくるじゃないですか。

そうして点滅している青信号も無理矢理渡りきり

途中の長い坂道ではノーブレーキで突っ込んでいた。

 

そうしたらある日、思いっきり車に轢かれたよね。

 

 

自動車の運転手はめちゃくちゃ焦っていたが

ノンブレーキのこっちが悪いという自覚はあったので

「大丈夫です大丈夫です」つってそのまま学校に行った。

 

幸いケガは擦り傷程度だったし、自転車の破損もなかったんだけど

買ったばかりの白いサボが壊れてしまった。

 

 

本当にサボの破壊だけですんでよかったよ…。

若い時ってなんであんなに「死なない」自信があったんだろう。不思議でしかたがない。

それにしてもこんな自転車運転手、自動車側からしたら鬼迷惑でしかないよね。

本当に申し訳なかったと反省しております…。

 

そんな高校生だったので、小学生の息子にえらそうには言えないんだけど(ホントだよ!)

その話を息子にもして「調子のって運転するんじゃない。」と釘をさしておきました。

ささっているかどうかは疑問だけど。というか私に釘さす資格なし…。

 

なんか…人生って短いね。

どうもどうも、NHK朝ドラ『まんぷく』の影響で

3日に1度「チキンラーメン」を食べるようになってしまったカツヤマです。

ちなみに「チキンラーメン」の売り上げは今年度最高額をたたき出しているらしいよ。

43年間の人生で2回くらいしか「チキンラーメン」を食べたことのない私が

いまや3日に一度食べてるんだもんね。そりゃそうだよな。

 

 

それはそうと月曜断食やめてから面白いように体重が戻ったので

(チキンラーメンのせいだろ!)昨日からまた再開したよ!!

ちゃんと本も再読して気合いを入れ直し…たはずなのに

断食明けの本日、2杯でおさえようと思っていた赤ワインを3杯飲み、

レモンサワーを作ってしまった…。作ったからには飲むよね。mottainai!

 

そんな感じではありますが、

再びちゃんとやっていこうと思うので上手くいけば結果報告します。

1年で7キロ太ってスーツがパツパツになっても月曜断食をすれば

1、2ヶ月あれば戻せますよ!(私信)

 

さてさて店のブログと共有している割には

まったく店の情報を流していない、このブログですが

来月はちょっとした出店もあるので、そのお知らせです。

 

4月1日(月)→7日(日)

三鷹『Cafe Hi famigilia』のギャラリースペースで出張出店。

 

4月24日(水)→30日(火)

吉祥寺PARCOの公園通り側イベントスペースで出張出店。

 

が決まってます。

約2年間、外へのアクションを何もしてこなかったくせに

ここにきて1ヶ月内に2つも出店するということからもわかるように

ほぼ「勢い」という…。

そのくせ何事にもギリギリまでスイッチが入らないので

まだDMのイラストも描けておらんし、商品の選別もしてないし

なんなら確定申告も終わってませんよ。

 

でもこれまでの人生「テキトーにやっても何とかなる」で何とかなっているので

(タチが悪い)そこそこテキトーにがんばります。

よかったらのぞきにきてくださいな!

 

 

あともう一つお知らせを〜。

イラストレーター友達のなとみみわ(なとみん)の新刊が出ました。

老いによるいろんな事例(自分の親だからこそ余計イライラするようなことも含め)が

マンガでわ描かれており、原因や対処法がわかりやすく解説されています。

 

『まいにちが、あっけらかん。』

 

 

ありがたいことに今は両実家、両親元気でいてくれますが

もういつ直面してもおかしくない問題、

心づもりだけでもしておかねばと思っている。

 

 

駒子が5年生になるのはすぐに想像はできるのに

自分が50歳になるのが想像できない…。

親は80歳と87歳だよ…。もうそんなところまで

人生きてしまってるのか…。

気持ちは32歳くらいなのに…!!!

歯の次は目ですか…。

昨日の夜、自分の視界がちょっとおかしいことに気づく。

ピントがうまく合わないというか

全体的に視力が落ちたような感じでまわりが見えにくい。

 

ヤバい、お酒の飲み過ぎかな…と思ったが

飲み過ぎた時の焦点の合わなくなる感じとも違うのよな。

酔っぱらうほども飲んでないし。

 

そんなんで昨日はそのまま寝たんだけど今朝もまだその状態が続いていた。

なんとなく目の周りが重い。

 

鏡で顔を見てみると両まぶたが腫れていて

ただでさえ大したことのない顔がいっそう大したことのない顔になっていた。

(平たく言えばブス)

ブスもツラいが、視界が変なのはもっとツラい。

 

これが20代なら湘南美容外科クリニックに行くところだが

40代の私は迷わず眼科へ行くことにする。


 

実は眼科に着く頃には目の違和感はなくなっており

まぶたの腫れも引いていたのだが

友人のこともあり、検査をしておくことにした。

 

 

 

思い当たるフシ…でハッとしたよね!

 

昨日とある映画を観て上映中の2時間、泣きっぱなしだったことを!!

 

その映画とはコチラ↓です(インスタ流用)

 

 

説明すると先生も半笑い。

しかし、その後に撮った眼球の写真を見た先生に

「緑内障の疑いあり」を告げられ、数日後再検査することになったのでした…。

 

見えにくくなっていたのは泣き過ぎによる瞼の腫れが関係していたと思われるが

結果、眼科に行ってよかったという話です。

緑内障…じゃないといいな…。

 

「嬉し恥ずかし」の「恥ずかし」が圧倒的に勝つやつ。

最近『約束のネバーランド』にババハマリの息子。

同級生のO君から薦められたのをきっかけに

アマゾンプライムでアニメを観て、その後お小遣いをつぎこんで

ジャンプコミックスを買っている。

私はまだアニメしか追っかけられていないけど確かに面白い。

週刊少年ジャンプっぽくないけどな…。(って『DEATH NOTE』の時も思ったけど)

 

あまりのハマりように、アニメのOP曲を繰り返し聞いたり

私にコミックを早く読めと勧めてきたり、先日は主要キャラを描いてくれと言ってきた。

 

私が毎日何かしらスケッチブックに落書きをしているのを見て

描いてほしくなったのであろう。

私に絵を描いてほしい、なんて言うのは本当に珍しいので、少し嬉しくなって

コミックを見ながら描いてやった。

 

その時は半笑いで「うーん、なんかちゃうわ〜」とか言ってたくせに

数日後、くだんのO君がうちに遊びにきた時に

「お母ちゃん、あのスケッチブックどこ!!!?」とかキラキラした目で聞いてくる。

 

「あぁ…O君に私が描いたキャラの絵を見せる気なのだな…」とわかった。

で、ちょっと想像してみてください!わかります!?この時の私の感情!!(知らんがな)

 

「これさー、俺の母さんが描いたんだよねー」とか言いながら

ゲームに夢中なO君の側にスケッチブックを持って行った時点で

猛烈にいたたまれなくなり、その場を離れてしまった。

 

うまく表現できないんだけど、私の愛する家族が、私を自慢した時に

他人(自慢した相手)が無関心だった時の

何とも言えない哀愁?切なさ?を見たくないという、その気持ち!

 

決して「関心を持たれなかった私」に対する恥ずかしさではなく

「私を自慢した家族が相手されなかった」ことに対する切なさなんですよ!!

 

しかも、自慢を「オラオラ」でしてくれれば平気なんだけど
ちょっと遠慮気味に、それでも自慢したい気持ちが溢れ出てる感じで
自慢されるのが、本当にキツい。

 

今回は息子だけど、たとえば私が子どもの頃に
自分の親が遠慮気味に自慢する私の話を
相手が興味なさそうにしている時など
その場から逃げたくなるんですよ。いたたまれなくて!!!わかりますか!?

 

その時のO君はゲームに夢中だったし
息子がスケッチブック片手に話しかけても
上の空っぽかったので「ぎゃあああああああーーーーー!」と
心の中で叫びながらその場を離れました。

 

それからどんな展開だったかは知らない。知らないけど、居間に戻ると
2人はゲームに熱中しており、その傍らに
なんとなく寂しい感じでスケッチブックが置かれていたので

 

たぶん「へーーー」くらいのリアクションだったんだろうな、と勝手に切なくなっていた。

 

 

数日後、別件でO君ママとLINEをやりとりしている時に
『そうそう、ママ(私)が描いた「約ネバ」の絵を柊太君が見せてくれたみたいで
「めちゃ上手かった」と息子(O君)が言ってたよ〜!写真送って〜!』というメッセージが
O君ママから来て、あぁ…ちゃんと見てくれて、ちゃんとリアクションしてくれたのか…!!!
とめちゃくちゃ救われた気になったのでした。

 

 

O君、息子の自慢に期待通りの反応してくれて、ありがとよ!!!!!(涙

 

その絵がコチラ↓

 

こういう絵をノートに描くの、文字通り「中2」以来だと思うわ。
(当時はミスター味っ子でしたよ…ええ…)(その少し前は聖闘士星矢…腐女子の香り…)

 

語彙力がなくて上手く表現できない&
こんな風に勝手に切なくなるのは私の性分かもしれない、ということで
1mmも伝わらなかったかもしれませんが、自分への記録として。

 

 

 

気持ち「わかるよーーーー!」って人は手を挙げておいてください。

こっちにシワを寄せてくるんじゃない!!

昨日、バスに携帯をわすれた息子のせいで(いったい何回目やねん!!!!)

朝から二駅隣のバス営業所まで自転車で取りに行った。

今日は向かい風が強いうえに、行きは上り坂だったので

ペダルが充電切れの電動自転車くらい重く

営業所に着いた頃には汗だくでマフラーも上着も脱いでおったわ。

 

そのおかげで、仕事を始める時点ではHPが3で

スライム相手でも会心の一撃をくらったら死ぬ勢いであった。

スライム相手にゴールド半分になるのかよ。勘弁してくれよ。

 

夜の今も疲れが取れないので、老いまで感じさせられる始末。

回復力ないわ〜。43歳にもなると頑張ってもホイミしか使えんわ〜。

 

しょっちゅう忘れ物、失くし物をする息子、成長するにつれ

改善すると思っているかといえばそうではない。

 

忘れ物するのは大前提なので、せめて自分の尻拭いは自分でできる大人になってほしい…。

一般人も歯は命。

久しぶりに歯が痛い。

夜中に痛みだし、朝まで

「歯医者の予約を取りたいのになぜか取れない」という夢を延々見ていた。

トイレ行きたい時になぜかトイレに行けない夢を見るのと状況と同じだわ。


かかりつけの歯医者さんに朝から滑り込む。

夢で叶わなかった診察、ようやく診てもらえた〜!!

ブリッジにしていた部分の歯茎が痩せて(加齢で?)

ブリッジが合わなくなり、しみるようになっていたらしい。

(知覚過敏のひどいヤツ)

というわけで神経を抜いて、ブリッジ作り直しです。
神経抜いたけど今もうっすら痛くて(なんでじゃ)頭痛もする。
 

 

子ども達には歯は本当に大切にしてほしいと思う。
20代から歯にどれほど治療費を払ってきたことか…。