『テネット』にすべきであったか。

今日はなとみんと約束していた『ミッドナイトスワン』を観に行く。

 

 

レビュー評価はかなり高かったので、それなりに期待して行ったけど

まぁ…いろいろよろしくなかった…。

ひっかかる部分は多いし、エピソード詰め込みな割には

肝心のところを語れてないし

トランスジェンダーの生きづらさをあんな感じで描くのもどうかと思った。

20年前だったらよかったかもしれないけど。古いし薄い。

 

 

でも新人の服部樹咲さんがすごくよかった。

実際のコンクールにも優勝しているだけあって

バレエシーンも見応えあったし、すごく印象に残る顔でありました。

 

それにしても、すごく久しぶりに子ども以外の誰かと映画を観て

その後「あそこはどうなんだ」とか「あれはどういうことだ」とか

話せるのはとても楽しかった!


誰かと観ると鑑賞後に「ちゃんとした感想を言わないと!」と

身構えてしまうんだけど、フワッとした感想も

話しているうちにちゃんと言語化されてまとまるので

誰かと観るのもいいもんだな。

 

 

そのことを思えば、作品はアレだけど

たくさん話せたので良い映画体験であったといえる。

 

コメント