粘膜の弱い人へ。

休校9日目、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 

うちの小学生組は引き続き日輪刀作りに励んだり

(ようやくツバ部分を切り出した)

家庭科と称し晩ご飯のハンバーグを作らせ…作ったりした。

 

粘膜がおそらく一般の人より弱いというDNAをもつ我ら。

タマネギのみじん切りする時は、水中メガネがないとキツい。

 

 

知らん間にフル装備になっていた息子。

マッドサイエンティスト風。

 

というわけで家庭科だけでなく科学(とか言い切ったもん勝ち)も取り入れて

「どうすればタマネギが目にしみないか」も調べて試してみることに。


 

私は割り箸をくわえるやり方が一番効果があり

息子は冷やしたタマネギが一番しみなかったそうな。

 

割り箸をくわえると目にしみない理由は

「人体は唾液を優先させるので、唾液を出すと涙が出ない」とあるんだけど

目にしみるから涙を出すのであって、唾液を優先したことで目にしみない意味が

よくわからない…。むしろ涙が出ない分、しみた痛みがキツそうだけど??

アホなんでよくわからん!教えて!かしこい人!!!

 

兎に角、私と息子のベストな方法は違ったので効果には個人差があるようです。

タマネギに弱い人はいろいろ試してみてください〜。

 

しかしハンバーグの調理行程のめんどう80%ってタマネギ

(みじん切り&炒める&冷ます)ですよねー。

 

とかやってたら、今日もほとんど仕事できんかった。

いつまでこんな生活続くねん…。助けて…。

 

コメント