器の良さに気づく年齢に(遅い)。

うっかりしていると一週間くらいヨユーであいてしまうね。ブログ。

今日もイラストレーター友達の白さんと

「毎日書かないと構えてしまって書けなくなるよね」という話をしたのでした。

 

今日はその白さんと横浜まで

永井文子さんの作陶展に行ってきた。

 

※うう…写真がへたくそで本当にすみません…。魅力を伝えられない…どころか足引っ張ってる感…。

 

お店にも作品を置かせてもらっている永井さんは

白さんの大学時代の同級生で、私がお店をする際に器も置きたくて紹介してもらったのだ。

 

永井さんの器は、料理が映えるものが多く

作品を見ているだけで、そこに置かれるであろう料理が想像できる。

 

私は来客用のカッコいい取り皿が欲しいと思っていたので

コチラを購入しました。子ども達には使わせないぜ。

 

 

私は料理は好きではない(むしろやらなくていいならやりたくない)タイプだけど

器がカッコいいと、多少やる気になれる。

たいしたことのない料理でも器がよければ様にもなるもんね!!!

 

永井さんの作陶展は本日が最終日だったので

今頃ブログに書いても見に行けないのが申し訳ないですが

一点ものなら私のお店にもあるので

よかったらおいでませ。
4月の1日(月)〜7日(日)まで
三鷹の『Cafe Hi-famiglia』でやる
リミテッドショップにも持って行くのでよろしくです〜。
コメント