保育参観は最高。

今日は土曜に中断された小学校の運動会の予備日だったんだけど

年に一度しかない保育園の保護者参観と重なってしまい

運動会の応援に行けなかった。残念すぎる…。

 

でも土曜に演舞系の種目は見られたのでヨシとするか。

 

さて、保育園の保護者参観は

だいたい朝の公園散歩から帰ってお着替えを手伝い、

給食をみんなと食べて、お昼寝前に子ども一緒に帰るという予定。

 

醍醐味は自分の子どもの園での様子を垣間みることと、

普段あまりふれあいのない子どものお友達と

一緒に遊ぶことである。

 

なのに、お友達が私の膝に座ってきた瞬間から

駒子氏のギャン泣きが始まる。

ちょっとでも他の子としゃべろうものなら

「こまちゃんのおかあちゃんなの〜!!!」とうるさい。

嫉妬している姿もかわいいのだが

私は他の子と遊びたいのだ。年に一度のたわむれチャンスなのに。

 

お友達が「なんでコマちゃん、泣いているの?」と聞いてきたので

「ヤキモチをやいているんだよ」と答えると

「それ、美味しいやつ?食べられるやつ?」と

マンガみたいなことを言ってくるのでいちいち悶える。

 

お散歩中も前を歩いていた男の子が

※誰かが「クーイズクイズ!」と言い出したら周りの子が

「なーんのクイズ?」と聞く。言い出しっぺが

「○○クイズーーーー!」と言って問題を出題する。

(例えば「食べ物クイズ」なら「赤くて丸い果物は何でしょう?」とか)

 

という、やりとりがあったり。

本当に心癒されるひとときであった…。
そんな保育参観も来年で最後だな〜。
コメント