弱点があるのは悪いことではない。

今朝、何年かぶりに日焼け止めを顔に塗ったら

目に沁みて、午前中ずっと目が痛くてツラかった。

 

私は目の粘膜が脆弱なのか

ダンナが台所で玉ねぎを切っていると

リビングでアイロンをあてていても目に沁みて苦しみ出す。

(ダンナが料理している間、私は他の家事をしてますよアピール)

 

これはもう履歴書の「弱点」の項目に

「目の粘膜」と堂々と書いてもいいくらいの弱点なのです。

人造人間キカイダーでいうところのプロフェッサー・ギルの笛の音くらい弱い。

 

そんなんだから、自分が玉ねぎのみじん切りを裸眼でしようものなら

涙が止まらないのでゴーグル必須です。

 

 

私に『ポーラーレディ』を貸してくれたりっちゃん、

そこから西岸良平のファンになったんですよ…。

 

って話それたけど、皆さんこれを機会に一度、自分の弱点について考えてみてください。

 

「神様がマンガの主人公にならないのは弱点がないからです※」的なことを

『鳥山明のHETAPPIマンガ研究所―あなたも漫画家になれる!かもしれないの巻』

鳥山先生が言っていたような気がする。(思い違いだったらすみません)

 

漫画の主人公には必ず弱点がある…。

ということは弱点=魅力ということなのですよ!!

 

※のちに『聖☆おにいさん』てなマンガが世に出てしまったけどさ。

 

私がマンガの主人公であったら、玉ねぎのみじん切りで泣いているところを

「失恋して泣いている、守りたくなる女性」と勘違いしたイケメンが

うっかり恋に落ちるという展開になるわけです。

弱点、万歳!

 

さて、弱点弱点と言ってきましたが、本日のブログで何が言いたいかというと

 

本日『Hanako ママ』のおでかけコラムが更新されましたよ!!!

ということでした。よろしくね☆

 

コメント