変形名、覚え書き。

今週、忙しすぎた。

というか、今月仕事を入れすぎてしまった。

さすがにこの歳になると「睡眠を削って仕事」はできないので

フツーに22時には寝てるんだけど

全然ぐっすり眠れず、疲れがたまっています。

 

 

本当に40をすぎると途端に無理がきかなくなるね…。

もう駒子(3)にすら体力負けそう。

 

さて小さい子のいる家庭なら「だいたいがそうなんじゃないか」と思うのだけど

子どもの呼び名ってめっちゃ変形しません?

 

うちの場合柊太が小さい頃は

「しゅうた」→「しゅうちゃん」→「しゅちたん」→「しゅちのすけ」

→「しゅちっぴ」→「しゅぴなっち」→「スピナッチ」

 

…と最後には「ほうれん草(Spinacia)」になってしまいました。

 

そして京香は

「きょうか」→「きょうちゃん」→「きょしぴ」→「きょしのすけ」

→「きょしこ」または「きょしし」

 

になっております。「きょ」がずっと残っているだけマシですね。

 

んで駒子。

「こまこ」→「こまちゃん」→「こましょ」→「ちょま」

→「ちょまのすけ」→「ちょま・すけこ」→「こまの・すけこ」

 

と、一度「ちょま」をはさんで原型をとどめなくなりました。

最近「こま」に戻ったはいいけれど「駒野 助子」というフルネームに。

 

変形名も使うのはせいぜい5歳くらいまで、

子どもの言い間違いと同じ、期間限定のものだから

なんとなく書き留めておきたかったのでした。

 

 

 

さて、またイラストを担当した書籍の宣伝ですが

本日宝島社から発売される『だんなデス・ノート』で

30点ほどカットを描いています。

 

 

 

ダンナの死を願う妻たちが『だんなデス・ノート』というサイトに

書き込んだものをまとめて書籍化したものなのですが

これ読むと、最初のうちはダンナに腹が立つが、

読み進めるうちにだんだんと「ダンナシネシネ」と書き込みしている

妻のほうにも腹が立ってくるという不思議な本です。誰得…。

 

あ、宣伝になってなかった。

まぁ興味があれば読んでみてください〜。

 

そういや今朝、うっかり『デスノート』に書き込みしそうになったわ〜。

あぶないあぶない。ダークサイドに落ちないように気をつけよっと!

コメント