久しぶりに嬉しくて泣いた!

昨日息子が発熱し、早めに仕事を引き上げて学校までお迎えに行った。

ずっと38〜39度をウロウロしている。

来週もしばらく仕事場にはいけないだろうし、

出来る限りの仕事をこの土日に終わらせておかねば〜!

 

というわけで持ち帰った仕事を朝から家でやっている。

 

ダンナは「あんたそれ単身赴任では?」レベルの出張に出ているし

頼る人もおらず、ため息をついているのを知って知らずか

長女の京香が次女の駒子に「おかあちゃんに手紙を書く道具を買いに行こう」とヒソヒソ話をしていた。

 

ヒソヒソ話ではなく丸聞こえなのだが、聞こえなかったフリをする。

 

しばらくして京香が、「近くの100均に行きたい。お小遣いで何か買ってもいいか」と聞いてくるので

「一人200円までならいいよ」と伝えると、さっそく駒子を連れて出かけて行った。

 

シールや便せんでも買ってくるのであろう、でもわざわざお買い物に行くのなら

自分のスキな物も買えばいいと思い「200円」にした。

しばらくしてニッコニコの二人が帰宅。

 

 

と、楽しそうだったのもつかの間

 

 

なんでも、私にプレゼントしようと二人で400円の予算から300円も使って

ピアスを3つ買ってくれたらしいのだが途中で落として帰ってきたらしい。

 

途中に公園に寄ったみたいなので、おそらくそこに落ちているであろうと

一緒に探しに行ったが、公園にも、途中の道にも、100均にも落ちてはいなかった。

探しながら

 

 

とか言って泣くので、こちらも

『お前はどこの天使じゃーーーーーーー!!?』と石立鉄男ばりに泣いたよね。

 

たぶん、私に手紙を書こうと材料を買いに行ったが

私がアクセ好きなのを知っている京香が、自分でも買えるアクセを見つけて

「こちらのほうが喜ぶだろう」と駒子と相談し、お小遣いで買ってくれたのだろう。

 

もう一度、探しに戻った100均で、先ほど選んでくれたピアスのうち1つと

あとは京香と駒子用にイヤリングを2つ買って帰り

「今度のお出かけの時にみんなでつけようね」と約束したのでした。

 

正直100均のピアスは43歳がつけるにはキビしいものがあるが

娘の選んでくれたこのピアスは一生の宝物にしようと思ってます。

 

 

つけてみると意外にカワイイんだけどね。