そうかもしらんけど!!!!

最近タイツ熱がすごい次女・駒子。

 

保育園では走り回ったりすると滑って転ぶから

靴下を脱いで過ごすので、脱ぎにくいタイツは基本禁止である。

そうなると休日にしか履けないアイテムなんてもったいないので

親は当然買わない。

 

というわけで入手困難&お友達も着用していない幻のアイテムとして

「タイツ」に憧れをもつようになったらしい。

先日「買ってほしい」と言われたが先にも書いたように普段使いできないし

もう冬も終わりかけているので、間をとって?リブ編みのスパッツを買ってやった。


駒子は長女の京香よりもオシャレに対する思いが熱い。

 

常に京香のお下がりがあるうえに、京香の幼なじみのコが

大量にお下がりをくれるので

駒子の服をほぼほぼ買ってやったことがないのが原因かもしれない。


そうして本日、私の記憶が正しければ

5歳にして人生4度目(うち1回はリブ編みのスパッツ)の

「服を買ってもらえる」状況がきて夏用のワンピースを

自分で選んでゲットした駒子。


そうしたら、その後のハッスル具合がえぐい。

まだ気温が低い中、その夏用ワンピースに着替え、上着も着ずに外に駆け出したり

明日、保育園に着て行くべくコーデを考え料理をする私のところまで見せにきたり。

 

 

 

そんな駒子がいじらしく可愛らしく、私と一緒で服が好きなのも嬉しく

私が幼少の頃に母に言われて大切にしていた一言

 

を放ってみたところ


だってさ…。

ああ、無情。