和食めんどい。

3本のうち1本、書籍のお仕事のラフの返事がきて

昨日からモーレツに忙しくなり、とても楽しい。

ラフを描くのは苦しいけど、そのラフを清書しデータ化する行程は大好きだ。

作業中ラジオも聞けるし。(ラフは考えながら描くので無音じゃないと描けない)

 

バリバリ終わらせて、無事正月を迎えたいですよっと…。

 

めちゃくちゃ話変わるけど、皆さんは

「混ぜご飯」や「炊き込みご飯」は好きですか?

 

私は糖質制限している今こそ食べはしないけど

具の混ざっているご飯が、好きです!

具の混ざっているご飯が大好きです!死ぬほど好きだかだーーーー!!!

 

つってチャン•ドンゴンばりに海に入って叫びたいくらい好き。

 

だがしかし。和食カテゴリーに入る混ぜご飯って

それだけをご飯(特にディナー)にすることが許されないじゃないですか。

 

例えばですよ。

鮭とワカメの炊き込みご飯を作るとするじゃないですか。

そこには主食のご飯、おかずとしてメインを張れる鮭、脇役として誉れ高い

ワカメと白ゴマが顔を揃える豪華メンツなのに

「炭水化物」くくりにされてしまい

結局、別にメインのおかず&汁物が必要になってくるでしょう?!

 

これがチャーハンならネギのみが浮かんだ鶏ガラスープでもつけば

立派に一食になるし、食堂のメニューにも堂々と載って、500円くらいの値がつく訳です。

中華はいいよな。

 

これが和食になると、途端に食堂のメニューで「混ぜご飯」だけでは勝負できないし

家庭で作る場合も「混ぜご飯」や「炊き込みご飯」は炭水化物にしかならないので

なんとなく「作り損」な気がする。

 

それなら「白米」「焼き鮭」「ワカメのみそ汁」としたほうが格好もつくし

同じ食材を使い、食べさせていても「ちゃんと作った」感があるのよな…。

 

私が「チャーハン」は作っても大好きな「混ぜご飯」や「炊き込みご飯」を

なんとなく作らない理由が、本日判明したので書いてみました。

 


 

私が料理があまり好きではないのと、それでも手抜きはよくないよな、という

中途半端なところにいるので「作り損」などと思うんだろうけど

みんなは普通に炊き込みご飯以外にお魚焼いたり、副菜を作ったりしてるんでしょうな…。


 

和食って何かとめんどくさい。土井善晴先生スタイルがもっと浸透してほしいです。