とまどうお年頃…。

昨日の夕方、保育園に駒子のお迎えに行き

マンションに帰ってきて集合ポストに郵便物を確認しているとき急に

背中に激痛が走り、動けなくなってしまった。

 

運の悪いことに、宅配ボックスには2個も荷物が入っており

こんな↓体勢のまま部屋まで這々の体で帰る。

 

 

晩ご飯はちゃんこ鍋の予定だったので

さほど支障はなかったものの(材料切るだけだし)

鍋を担ぐのもキツかった。

お風呂で温めて少しは楽になったものの

寝るのも困るほど痛くて、うっすら死を覚悟するのであった。

 

 

死の気配を感じるたびに、いろいろ想像しては勝手に涙。

 

明けて本日、少し痛みはあるものの、気にならないくらいになった背中。

改めて調べてみると一番当てはまるのは『ギックリ背中』だった。

ギックリ腰ではなく、ギックリ背中…。初めて聞いた。

なんにせよ、死ななくてよかったです。

 

40も越えると未体験の痛みが出てくるよなぁ…としみじみ。

そのたびに、まさかとは思いつつ少しだけ死を覚悟する自分にも驚く。

 

保育園のお迎えに行っている自分(未就学児の子どもがいる自分)と

未知の痛みを感じるたびに死を感じる自分にギャップがありすぎて

とまどう43歳でした。
サザエさんは23歳、フネさんは50代(48歳説もあるらしい)
フネさんに近いのかーーーーーーーーー!
新宿ルミネでヘンな柄のワンピースを買っている場合じゃない、
白い割烹着を買うべきなのかな。
でも光文社は今月も、優雅でオシャレな40代を推進しているので
できればそっちに乗っかりたいです。(結局なんの話…)