今回もギリギリセーフ。

今日は3人を連れて新宿で映画。

『前田建設ファンタジー営業部』を観てきた。

 

 

「前田建設ファンタジー営業部」とは、ダムやトンネル、発電所などの

プロジェクトに関わってきた前田建設工業株式会社の広報グループによる実在のWEB企画。

その広報グループが『マジンガーZ』の格納庫の発注を弓教授から受けたという設定で

現実世界の技術、材料でどのように設計・建築できるかについて

工期や工費の見積りも算出した実話を映画化。

今も前田建設のWEBで見られるよ→


弓教授

 

柳田理科雄さんの「空想科学読本」好きの息子

「映像研には手を出すな!」好きの娘2人なら楽しめるんではないかと思って

行ってみたが(駒子はやや無理があるけど)

期待以上におもしろく、笑いっぱなしで2時間あっと言う間だった。

 

コメディだけど、まわりをどんどん巻き込んで

不可能かと思われるプロジェクトを完遂する

熱いお仕事映画でもありました。

 

柊太もずっと笑ってたし、京香も「おもしろかった!」とのこと。

小学校高学年だったら楽しめると思いますよ〜。(とくに科学好きは!)

 

とりあえず息子は今回もイヤイヤながらついてはきてくれた。

最後に一緒に観る作品は何になるんかなー。