夏休み最終日。

今日で夏休みが終わる。

毎年最終日は仕事を休んでお出かけをしているので

今年も同様、映画を観に行った。

 

3月公開だったのがコロナのせいで延期になり

ようやく先週から公開になったピクサーの

『2分の1の魔法』

 

 

伏線もたくさん散りばめられて

めちゃくちゃよくできており

バッキバキに泣いてしまったのだが

あまりにうまく作りすぎた結果、薄味な気もしなくはなかったです。

あと魔法のあった時代と現在の地続き感がなさすぎたな…。

 

でも次から次へと展開する冒険パートがテンポよくて

子供達3人とも「あっと言う間だった」と言っていた。

 

それにしても毎度吹き替えに対して思うのだが

俳優はともかく、大して演技力もない芸人を

声優に起用するの本当にやめてほしい。

ピクサーもドリームワークスもイルミネーションも

芸人が主要人物の声を担当しがちだが

そうしなきゃいけない決まりでもあるのか…。


ちゃんと本職でやってる声優さんを使ってくれー。

 

公開から日の浅いピクサー映画ですら

映画館は本当にガラガラであった…。

映画館、換気システムも整っており、決して密閉施設ではないので

もっと多くの人に行ってほしいな、と思う。

わいにできることはせめてポップコーンやパンフレットを買うことくらいだで…。

 

さて明日でお弁当生活も終わる!

子どもとともに私も生活のリズムを戻していかねばー!

 

 

「やってるよ」を鵜呑みにした結果…(鵜呑みにするな)。