サンタへの手紙。

今日は娘二人と『アナ雪2』を観に行った。

おそらくこれから観に行く人も多いと思うので

詳しくは書かないけれど私的にはイマイチであった…。

 

話のスケール壮大になって子ども達はたぶん理解するのが難しいだろうな、と思う。

それでも娘達は映像美と歌でめちゃくちゃ楽しんでいたけど。

 

 

先日、廊下の額の後ろに何かあるな、と思って見たら

子ども達が書いたサンタへの手紙であった。

 

 

鏡文字がすごい駒子。

しかも右から書いている。

最近は見ないけど昔よくあった

どこかの商店のトラックなどに書かれていた店名みたい。

 

 

あれ、どういう意図で右横書きだったんだろう。いまだに謎だわ。

 

 

京香は「リングフィットアドベンチャー」は入手が難しいと知って

第二希望まで書いている。「あってるかどうかわかりませんが、ください」が

ストレートでいい。有無を言わさない感じがある。

 

 

柊太の欲しい物は今、スマホ以外ないのだが

「お金を貯めて自分で買いなさい」と言っているので

とにかく現金を貯めようと必死なのだ。(誕生日も現金を要求されている)

しかし「5さい」があざといな…。

 

内緒で見たので、手紙はまた元の位置に戻しておいた。

 

たぶん24日はクッキーと牛乳が置いてあるんだろうけど

「さむがりやのサンタ」的にはブランデーを置いておくのが正解だぞ!