生きてるうちが華。

昨日はダンナがお迎え&晩ご飯を担当してくれたので映画を観に行った。

去年見逃して諦めていた作品が、最寄りの映画館でかかりだしたのだ。

 

 

原作はTwitter発の4コママンガらしいんだけど読んでないし

ストーリーも役者も全然調べず予備知識0。

ただただ「評判がいいらしい」くらいで観に行ったのだが

 

自分でも信じられないくらい泣いた!

 

そのあとグイグイ引き込まれつつも

クライマックスは「このパターン、ベタすぎて泣くの悔しいな」と思いながら

上映中はそれなりに落涙してしまったんだけど

 

 

後からしみじみと

「会いたい人には会いに行こう」「好きな人には好きと伝えよう」

「言葉にしないことは無いも一緒」という

私がこの映画から受けたメッセージで心がいっぱいになり

家に帰ってからもずっと泣いてしまった。

 

と、泣いている母親に対してそれぞれの反応がありました。

ヘンに心配させて悪い事した。ごめん。

 

ネタバレになるので何にも言えないけど

自分の中で後悔していること、けど日常では意識してないものが浮き彫りにされ

そんな悔しさや自分を呪う気持ちから、これを書いている今も思い出し泣きしてしまう。

「なんで、なんで…」という思いしかない。

 

そう思うと最初にシラケていた撫子ちゃんのくだりも

「こういうことが大事なんだよな」と思えてくる。

 

まさか一見、中高生が観そうな映画が自分にとってこんなに

大切な映画になるとは思っていなかった!

 

ので、観てない人は騙されたと思ってDVDか配信でぜひ観てください。

(もう全国的にも3館くらいしかやってないので)

 

 

 


最後に書くと、私が思いを残す相手は映画大好きで

当時の私は読書がメインだったため

 

 

なんてクソ上からクソエラソーに言ったことがあったんだけど

きっと今、彼女が「そうでもないやろ?」と言ってきているのかもしれない。

と思ってまた泣ける。

 

 

酒飲みのライフハック。

月曜断食をしてみたり、金森式で断糖&高脂肪を試してみたり

頑張ってはいるが、体重が全然減らない。

 

まぁそれはいい(いや、全然よくない)。

 

基本ここ2、3年くらい糖質オフ生活を続けており

甘い物はもちろん、炭水化物もほとんど摂らないようになったんだど

今日、ひさびさに食べた甘いお菓子(ピコラ)で

すごい発見をしてしまった。

 

 

それは…甘いお菓子を食べると、お酒が止まる!!!ということです!

 

スイーツをアテにブランデーなどを飲む人もいるだろうけど

絶対コーヒーのほうが合うし!!

コーヒーを飲みつつ食べるほうが絶対美味しいし!!!

 

というわけで、ピコラを食べて雷に打たれた私は

「これはコーヒーがないと話にならねえ!」つって

ピコラをくわえつつ、慌ててお湯を沸かし、コーヒーを煎れたのでした。


ついつい寝るまでダラダラ飲んでしまうお酒も止まるし

たまには甘い物も悪くないな…、なんて思ったものの

お菓子を食べ続けるほど度胸はないので

2本食べた時点で残りを子ども達に譲りました。

 

ピコラなき今、コーヒーをチェーサーにしつつハイボールを飲んでます。

おやすみなさい。

尿も凍る寒さ(ウソ)。

今日も仕事場(店)は寒かった…。

ホッカイロを背中とお腹に3枚貼って挑んだので昨日よりマシだったけど。

(もしかしたら昨日は断食をしていたので、余計寒かったのかもしれない)

 

しかし暖房を入れているのは表のスペースだけなので

外と同じ気温であるトイレに行くのが非常にツラい!!


寒い時にトイレ行くと必ず、幼少の頃にテレビで観た『八甲田山』を思い出し

「恐ろしい寒さの中おしっこをして、それが原因で凍死するなんて

最高にイヤな死に方だな」と思ってしまう。青森歩兵第五連隊かわいそすぎる。

 

 

『八甲田山』ついでにまた映画の話になってしまうけど

先日観たポン・ジュノの話題の新作『パラサイト 半地下の家族』が

最高におもしろいのでみんな観てください。

あまりの展開の読めなさに、腕時計で時間を何回も確認してしまった。

 

 

セレブ家庭(パク家)の奥さんが最高に可愛い。

 

『新感染ファイナルエクスプレス』の高校生役、好男子だった

長男役のチェ・ウシクもかわいいけどな!

 

ポン・ジュノ作品はあんまり観たことがないけど

『殺人の追憶』もすごくおもしろかった。(これもソン・ガンホが主演だよ!)

ちなみにこの映画のモデルとなった韓国三大未解決事件「華城連続殺人事件」の容疑者はなんと

昨年33年ぶりに特定されたそうです(残念ながらもう時効だけど)。

休みもイヤだが平日もイヤ(寒くて)。

この時期になると、毎年めちゃくちゃボヤいてるけど

店が、とにかく、寒すぎる!!!!!

暖房入れて(しかも29度…)足元パネルヒーターつけて

湯たんぽも抱えているのに寒すぎて仕事にならない。

もう、なんなんなん…。

 

寒すぎて縮こまってたら肩凝ったわ。

 

連休最終日の昨日は息子と無事

『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』を観に行って来ましたよ!

せっかくDVDで6までを、劇場で7、8と観てきたのに

「ストーリーが頭に入ってこない」とかで全然乗り気でない息子を無理やり連れてな…。

 

その後は娘二人と合流し世田谷の『羽根木プレイパーク』へ。

 

プレイパークは焚き火をしてよし、小屋の屋根に登ってよし、木に登ってよし

水浴びしてよし、穴掘ってよし、と子どもが自由に遊べる公園なんだけど


息子が「穴を掘りに行きたい」というので久しぶりに行ってみた。

 

延々穴を掘る息子(12歳・受験まで一ヶ月切ってます)

 

 

その後も妹達と鬼ごっこなどに興じており

この分だとまだまだ私とおでかけしてくれるかな?と安心するのでした。

 

しかし子連れの公園って大人にとっては死ぬほどヒマですよね〜。

 

連休憎い。

年末年始を終え、やっと日常だー!仕事できる!わーい!

と思ったところに「3連休」という冷水を

毎年浴びせられるのに今年も油断して、ノーガードで冷水を浴びています。

 

おおう…明日もまた休みかよ!!!

 

せっかく再開した月曜断食も祝日だと実行が難しく、くじかれてしまうし

3人を遊びに連れて行こうとすると何かとお金がかかる。

正月明けでお金もないしな…。


 

それ以外は特に外出もせず

家で映画見たり、確定申告の準備をしてすごしました。


 

そろそろ母親とのおでかけについて来なくなった息子だが

明日は「最後のデートになってもいいから!」と懇願して

『スターウォーズ』を二人で観に行きます。


 

と、心の中で吠えながらなんとか一緒に行ってもらおうとする

悲しい母親なのでした…。

 

「これで最後」と言いつつ『スパイダーマン』と『シャザム』と

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と『アントマン』と

『ミニオンズ』の新作もなんとかだまして

一緒に行こうと思ってます。(無理か)

 

 

年末の忙しさはいずこへ…。

お正月あけてからこっち、仕事がドチャクソ暇なので

昨日、今日と駒子の謝恩会の作業を延々している。

 

 

お仕事、ください!

 

いや、そんなことより確定申告の準備をしなければいけないのだが

イヤすぎて全然手をつける気にならない…。

毎年、確定申告が終わった直後は

「月ごとにちゃんと領収書をまとめておこう!そうだそうしよう!」と思うのに

気がつけば今年も箱にぶっ込まれただけの領収書の山が目の前にあるよ…。

自分ほど信用できないものはないぜ。

 

 

全然話変わるけど

昨晩、M-1をもう一度観たくて録画を再生していたのだが

子供たちがうるさすぎて、ネタが全然聞こえない。

「静かにして〜!」と言ったら「向こうの部屋で遊ぼう」つって

3人とも居間から去ってしまった。

 

 

こんなことでは「空の巣症候群」になること、間違いなさそうだわ…。

 

 

2020年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます!

今年もイラストレーターカツヤマケイコと

古道具屋のBROCCAをよろしくお願いいたしますよ〜!

 

お店…「いつか行こう」と思っている人は

はよ来てくれないとなくなるかもしれないぞ!

 

週末、帰省から戻り今日が仕事初め。

 

 

あと年末年始の飲み過ぎだったので胃を休めるために

今日は今年一発目の断食をしております。

食べてないせいか、暴飲暴食がたたったのか

昼過ぎから胃が痛くて、食欲もなければお酒も飲みたくないので

久しぶりの断食、ヨユーですわ!

 

 

というわけで、今年の抱負は

懲りずにダイエットと腹筋をつくること、

断捨離をめちゃくちゃすること、

あと夏に長女とイタリア二人旅行をするためにお金を貯めること!

 

今年もありがとうございました!

現在、大阪はだんなの実家におります。

炒り鶏も作り終わって、あとは飲むだけやで…。

 

年末は新幹線で飲んだり、弟の店で飲んだり

女友達と飲んだり、八木さんの店で飲んだり、男友達と飲んだり

フードコートで飲んで映画観たり、またフードコートで飲んで映画観たり

飲みながらガンダム作ったり、ジグソーパズルを完成させたり

梅田で飲んだり、義実家で飲んだりしてたらもう大晦日になってしまった!

 

今もダンナのいない義実家で飲みながらこれを書いています。

お義母さんに「アル中か!」とツッこまれつつ…。

 

というわけで今年も本当にお世話になりました。

今年は『BROCCA』としてハイファミリアや吉祥寺PARCO、大丸松坂屋に出店したり

蓬BOOKSさんや松坂屋さんで似顔絵イベントをしたり

初めてのことにたくさん挑戦できた1年でした。

 

イベントに遊びに来てくれた皆様、本当にありがとうございました。

イラストの依頼をくださった皆様も本当にありがとうございました。

 

 

 

来年も何か新しいことに挑戦できればと思います。

(麻雀習いはじめるとか)

 

来年もよろしくお願いいたします!良いお年を!!

 

 

持ち帰ったipadproで更新してみたものの、写真加工とかがうまくいかず

2時間もかかってしまった…。来年はipadproを使いこなせますように。

 

早めのクリスマス。

サンタのみなさんは、毎年どのタイミングでプレゼントを配っていますか?

 

25日が平日の場合、こどもたちが朝にプレゼントを見つけたとして

はたして通常どおり朝食とって、時間通りに学校に行けるもんですか?

いや、無理じゃね!?

我が家なら「給食までに行けたら御の字」というところであろう。

 

ということでうちは例年23日の祝日を利用して

その日の朝にプレゼントがあるようにお願いしていたのだが

今年から祝日でなくなってしまった…。あれ?歴代の天皇誕生日って

未来永劫祝日になるんじゃないの?違うの!?

 

さて、今年はどうすべきか。25日は小学校の終業式があるうえに

終わったその足で帰省する予定なので25日の朝にプレゼントがあっても

それを堪能できるのは年明け6日頃になってしまう。

 

なので今年はこの土日に来てもらえるようにサンタにお願いした。

日曜の朝でもいいけど、土曜の夜もヒマ?なのでプレゼントのおもちゃで遊べるように

土曜日の夕方、ポストにサンタからの手紙が届くようにしてもらう。

 

本日夕方、習い事の発表会終わりに娘二人をポストへ促すとそこには

サンタからの手紙が!

 

 

解読するとその場所にさらに一人一人に手紙が。

 

柊太宛て(ゴールデンカムイ10巻に挟んである)

 

京香宛て(押し入れの中)

 

駒子宛て(テレビのうしろ)

 

それぞれ「現金」「リングフィット(間に合った模様)」「アナ雪のスマホ型おもちゃ」

という希望通りのものをゲットし、これを書いている今

我が家のリビングではリングフィット大会が開催されております。

 

私もあとでやろーっと!

 

ちょっと早いけど、メリークリスマス!!

憧れの住まい。

毎晩思うんだけど、めちゃくちゃ美味しいお酒って

1〜3杯目くらいまでで、あとは「惰性で飲んでるな」という気がするのだが

真の酒好きは何杯飲んでもめちゃくちゃ美味しいんでしょうか。

 

…とか考えながら今日もダラダラ飲むのでした。

 

それはそうと、先日次女・駒子の友達からクリスマスパーティーのお誘いがあり

親子でお邪魔した。それはそれはすてきなお宅で、部屋数も多ければ

ひとつの部屋も相当広くて(注文一戸建て住宅)そのすてきさに

網膜がジリジリ焦げそうになったのだが、なによりもキレイなのに驚いた!

 

↑このピカピカな感じ、わかります?

 

お菓子のゴミカスもLEGOブロックもリカちゃんの靴も学校のプリントも

公園の砂場で集めた砂鉄をまとめたケースや

アルミホイルを叩き続けて球体にした銀色の何かも落ちてないし

壁紙も破れてないし落書きもねえ!!!!

 

↑アルミホイルを叩き続けて球体にした銀色の何か

 

ハロウィンからこっち、計3名の駒子のお友達のおうちに招待されて行ったのだが

みんな本当に隅々までキレイで「お客さんをお招きするから」を差し引いても

モデルルームみたいで、こちとら「キレイな生活空間」に対する免疫のなさに嘔吐しそうになったわ。

常に床に何かが落ちている&置いてある我が家としては反省しかない。

 

「うちももっとキレイにせねば!!!」と思った反面

いっっっちゃん最初に「ママ友」になった長男の友達ママが

家に誘ってくれて遊びに行ったら、部屋がめちゃくちゃ散らかっていて

「こんな部屋でも私のことを呼んでくれるんだ」というのと

「取り繕わない、この人大好き!」という思いで、好感度爆上がりであったのを思い出した。

 

 

ちなみにそのママ友とは

めちゃくちゃ仲良くするわけでもなく、でもなんだかんだ連絡を取り合う

ちょうどいい距離感のママ友であります。

 

どっちがいいのかは人それぞれだと思うし

私は断然、散らかっている家に招待してくれる人が好きなんだけど

いざ自分が人を呼ぶときは、出来る限りキレイにしてしまうのであった…。(小心者)