毎年過大評価する正月休み。

2ヶ月くらい、モーレツに忙しかったが

いよいよ、あと3日くらいで抜けそうだ〜!

今日のランチ忘年会を断った甲斐があったぜ!!

めちゃくちゃ行きたかったけど!!

 

 

この忙しさを抜ければ、あとは年末。

お正月何をしようかと今からワクワクしている。

 

 

先日ヨドバシへ行った際に正月用にうっかり購入したおもちゃ。

毎年、年末から正月までめちゃくちゃゆっくりできる感覚で

「あれしよう、これしよう」とワクワクしているけど

所詮、一週間足らずで終わるのよな…。

 

これも(結果的に)「お正月に」と置いている積ん読本。

 

 

どれだけ消化できることやら…。

 

毎年「正月」に対して「精神と時の部屋」並に

膨大な時間があるという錯覚をもってしまうが

義実家、実家でバタバタしていて

書き残した年賀状を書きつつ、お笑い番組を観ているうちに終わってしまうのが正月休み。

いい加減「言うても一週間かそこら」という認識を持ちたいです。

 

そうとわかっていても楽しみな正月休みでした。

充実した正月休みを送りたい!その前に仕事終わらせるのやで!!

 

サンタへの手紙。

今日は娘二人と『アナ雪2』を観に行った。

おそらくこれから観に行く人も多いと思うので

詳しくは書かないけれど私的にはイマイチであった…。

 

話のスケール壮大になって子ども達はたぶん理解するのが難しいだろうな、と思う。

それでも娘達は映像美と歌でめちゃくちゃ楽しんでいたけど。

 

 

先日、廊下の額の後ろに何かあるな、と思って見たら

子ども達が書いたサンタへの手紙であった。

 

 

鏡文字がすごい駒子。

しかも右から書いている。

最近は見ないけど昔よくあった

どこかの商店のトラックなどに書かれていた店名みたい。

 

 

あれ、どういう意図で右横書きだったんだろう。いまだに謎だわ。

 

 

京香は「リングフィットアドベンチャー」は入手が難しいと知って

第二希望まで書いている。「あってるかどうかわかりませんが、ください」が

ストレートでいい。有無を言わさない感じがある。

 

 

柊太の欲しい物は今、スマホ以外ないのだが

「お金を貯めて自分で買いなさい」と言っているので

とにかく現金を貯めようと必死なのだ。(誕生日も現金を要求されている)

しかし「5さい」があざといな…。

 

内緒で見たので、手紙はまた元の位置に戻しておいた。

 

たぶん24日はクッキーと牛乳が置いてあるんだろうけど

「さむがりやのサンタ」的にはブランデーを置いておくのが正解だぞ!

 

 

記憶の溝に落ちる。

今日、仕事してたら急に頭に浮かんだ

懐かしのアニメの主題歌があったので

「これ、なんのアニメだったっけ?」と思って

浮かんだ歌詞をたよりに検索してみたら全然知らないアニメだった。

 

なに『プラレス三四郎』って…。


当時、子ども達の間で曲だけ流行っていたのだろうか?

でも歌ってる人の声まで思い出せるので、おそらくアニメも見ていたんだと思う。

 

それを確かめたくて、年に1回、電話するかしないかの兄に電話してみた。


 

ちなみに前回兄に電話したのは2年前、とある殺人犯の顔がテレビで報道されて

あまりに兄に似ていたので「めっちゃ似てるやん」とイジるのに電話して以来です。

 

 

以前も頭に浮かんだアニソンがあったので

『ふしぎな島のフローネ』だっけ?と調べてみたら

『南の虹のルーシー』という全然記憶にないアニメの主題歌であった。怖い。

 

しかしこんな感じで、たまーにごっそり海馬から消え去っている記憶がありませんか!

 

それは自分以外にも感じることがあって

私が小学校1年生の頃に引っ越をしたんだけど

それに伴い、「ボットン便所」から「水洗トイレ」になるという革命がおこった。

しばらくして母が水洗トイレに備わっている手洗いの水が

下のタンクに溜まり、その水で洗い流しているころを気づいて

感動していた瞬間があったんだけど

 

ずいぶん経ってからその話を母親にしたら

 

 

と言われたのが衝撃的であった。

たぶん母も記憶の溝に「水洗トイレのしくみに気づいた自分」を落としたんだと思う。

 

私の記憶のマリアナ海溝に落ちているエピソードがこれからもたまに

浮かび上がってくるかもしれないし、死ぬまで沈んだままのものもあるかもしれないけど

何か浮かびあがったら、引き上げて記録したいと思います。

 

 

 

終わったら死ぬほど遊ぶぜ。

忙しいアピールがうざいとか言われそうですが

毎日死ぬほどペン入れしてるので肩がパンパンだよ!!お灸したい!!


いや、無理だろ。

 

ほかにも『ゴルカム』も『Dr.ストーン』『チェンソーマン』も読まないといけないし

『ハガレン』のアニメも見ないといけないし、本当に忙しいのや…。

 

そうこうしているうちにもう12月ですぜ!

気味悪いほど時間経つのが早いな…。

 

クリスマスプレゼントもそろそろ用意しないといけないが

娘が希望する『リングフィットアドベンチャー』、手に入る見込みがたたず

どうしようかと思っている…。

 

 

代替品も考えておかないとなーーー。

 

この時期しか使えない「サンタさんが見ているよ」効果絶大。

クレしん映画感想イラスト。

今日はダンナが飲みに行っていいと言うので

映画行って呑みに行こうと思っていたが

仕事があまりに忙しいので19時すぎまで店で仕事して

そのままノコノコ帰って来てしまった。

 

忙しいってツラい…。いや、ありがたいです、すみません。

 

今日は「公共交通機関の暖房」について物申したかったが

時間がないのでお仕事のお知らせのみでーす。

 

映画クレよんしんちゃん『新婚旅行ハリケーン』

DVD&ブルーレイ発売記念 「おえかきひろば」に参加させていただきました。

双葉社の元担当さんが子育て中の母親ということで声かけてくれたんだけれども!

なにはともあれ、ありがとうございます!

 

 

クレしん映画は『嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』以降毎年劇場で観て来たので

この仕事のご依頼は本当に嬉しかった。

(それ以前の作品もDVDでいくつか観ているよ!)

 

こういうお仕事いただけるたびに

「あぁ、この仕事してきて良かったな!」と思う。光栄じゃわい…。

 

いろんなマンガ家さんやイラストレーターの方が描いているので

他の感想マンガもぜひ見てくださいな。

あー、臼井先生に見て欲しかったなー。

今日をやりなおしたい。

今日は小学校組が代休だったので、午前中は映画に行く事に。

『ゾンビランド2』も『IT2』も『ホテルムンバイ』も

観たかったやつはすべてR15指定…。

 

しかし、ひとつだけあった!『映画 すみっコぐらし』。

普段なら娘に「観たい」と言われても一蹴する類いの作品だが

評判がめちゃくちゃ良く「号泣した」だの「大人こそ観るべき」だの

書いてあったので「これは観なければ…」と思っていたのだ。

 

タイトルを言うと絶対付いてこないであろう息子に

何を観るかはふわっと誤摩化して3人を連れて行く。


案の定、息子はお冠であった…。

しかし、これだけ評判の作品「絶対後悔はさせないから!」と

高評価であることを熱く語っていざ鑑賞。


 

と期待しつつ最後まで観たが、1mmも刺さらなかったのでした…。


 

心の美しい人には響くのかもしれないが、私は心が「ドス・黒子」なのでダメだった!

リトマス試験紙だと思って興味のある人は観に行ってみてください…。

 

そして昼から自宅で仕事するも、うっかり昼寝をするなど

まったくはかどらなかったのでした…。ちーん。

見応えがありました。

今日は小学校の「学芸会」でした。

長男が入学して以来、秋は「作品展」か「音楽会」だったのだが

今年10年ぶりに「学芸会」が復活。長男は最初で最後の「学芸会」になった。

 

 

しかし初めてなのにさすが6年生、歌も演技もクオリティーが高い。

他の学年が「子ども達の演技を観る」という感じだったのに

6年生はちゃんと「舞台を観る」レベルになっており、子どもの1年ってすごいな、と思った。

 

今まで「無くて寂しいな」と思っていた学芸会が復活して本当によかった。

音楽会よりも個々の頑張りが目立つ学芸会、小道具や大道具、衣装も必要だし

指導する先生の負担は大きくなる点は申し訳ないけど…。

 

 

来月は保育園の学芸会(おたのしみ会)があるのでこちらも楽しみじゃ…。

 

 

それはそうと、私の小学校時代は各クラス1つの出し物だったけど

今は1学年で1つの演劇をやるのが普通なのかな。

それでも全員にセリフがあるところがすごいよ…。

「木の役(セリフなし)」とかいないもんな。

和食めんどい。

3本のうち1本、書籍のお仕事のラフの返事がきて

昨日からモーレツに忙しくなり、とても楽しい。

ラフを描くのは苦しいけど、そのラフを清書しデータ化する行程は大好きだ。

作業中ラジオも聞けるし。(ラフは考えながら描くので無音じゃないと描けない)

 

バリバリ終わらせて、無事正月を迎えたいですよっと…。

 

めちゃくちゃ話変わるけど、皆さんは

「混ぜご飯」や「炊き込みご飯」は好きですか?

 

私は糖質制限している今こそ食べはしないけど

具の混ざっているご飯が、好きです!

具の混ざっているご飯が大好きです!死ぬほど好きだかだーーーー!!!

 

つってチャン•ドンゴンばりに海に入って叫びたいくらい好き。

 

だがしかし。和食カテゴリーに入る混ぜご飯って

それだけをご飯(特にディナー)にすることが許されないじゃないですか。

 

例えばですよ。

鮭とワカメの炊き込みご飯を作るとするじゃないですか。

そこには主食のご飯、おかずとしてメインを張れる鮭、脇役として誉れ高い

ワカメと白ゴマが顔を揃える豪華メンツなのに

「炭水化物」くくりにされてしまい

結局、別にメインのおかず&汁物が必要になってくるでしょう?!

 

これがチャーハンならネギのみが浮かんだ鶏ガラスープでもつけば

立派に一食になるし、食堂のメニューにも堂々と載って、500円くらいの値がつく訳です。

中華はいいよな。

 

これが和食になると、途端に食堂のメニューで「混ぜご飯」だけでは勝負できないし

家庭で作る場合も「混ぜご飯」や「炊き込みご飯」は炭水化物にしかならないので

なんとなく「作り損」な気がする。

 

それなら「白米」「焼き鮭」「ワカメのみそ汁」としたほうが格好もつくし

同じ食材を使い、食べさせていても「ちゃんと作った」感があるのよな…。

 

私が「チャーハン」は作っても大好きな「混ぜご飯」や「炊き込みご飯」を

なんとなく作らない理由が、本日判明したので書いてみました。

 


 

私が料理があまり好きではないのと、それでも手抜きはよくないよな、という

中途半端なところにいるので「作り損」などと思うんだろうけど

みんなは普通に炊き込みご飯以外にお魚焼いたり、副菜を作ったりしてるんでしょうな…。


 

和食って何かとめんどくさい。土井善晴先生スタイルがもっと浸透してほしいです。

 

ママ友ってこんなものなのかな。

前回のブログで、どうしても自分以外の「お母さん」は

大人としてちゃんとしていると思いがち、という話をしましたが…

 

あ、あのここで言う「ちゃんとしている大人」は

「10連ガチャを引いてもゴミしか当たらない」だの

「12月は『ファブル』や『進撃』『鬼滅』の新刊出るからヤバい」だの

「昨日のタモリ倶楽部見た?」だの

「まさか10年の時を経て『ゾンビランド』の2が観られるとは!!」だの

大人に向かって言わない大人です。

 

いやしかし、イラストレーター仲間や、学生時代の友達(みんなそこそこいい大人)には

普通にこういう話もできるし、全然してるんだけれど

子どもを通して知り合った大人(というか親)には全然できない。

なんかもう暗黙の了解で、親として「かしこ」を装わねばならないのです。

 

親であっても一人の人間。普通にマンガも読めばラジオの深夜放送を聞いている人もいるでしょう。

 

それはわかってるんだけど、以前息子の保護者会で

「お母さん達のリラックス時間は何ですか?」というお題を先生から出されたことがあり


 

お酒を飲むのが一日のリラックスタイムであることと、近所のオススメの居酒屋まで披露したのに

それに続くお母さんたちのリラックスタイムが

 

そんなこともあって「この界隈ではちゃんとした大人として振る舞おう…」と思ったわけです。

たぶん皆、そう思って「親(=ちゃんとした大人)」をやってるんでしょうな…。


 

こんなに頑張ってるのに息子、娘と3人の保護者と関わりを持っても

映画を語れるママ友は1人、一緒に飲めるママ友は1人、

ラジオリスナーのママ友は1人、マンガ好きのママ友は1人

という寂しい結果なのでした…。

 

ちゃんとした大人って何。

最近塾の日数を増やした息子が

時間がないのもあって急速にブログ離れをしていたが

また気が向いたようで更新を始めた。

 

私もきっかけがないと、なかなか更新できないので

これを機に張り合って(またかよ)更新しようと思います…。

 

年内…というか12月上旬には納品しないといけない

書籍の仕事が3本あるんだけど、その3本のすべてのラフを送って

すべてが返事待ちなので、やることがなく、めっちゃ暇という日が今日でした。

 

明日も返事がこなければ、明日もめっちゃ暇という…。

この時間を貯金したい…。返事が来たときの作業時間においておきたい…。

けどそう上手くいかないのが仕事。この先地獄が待ってるでーーーー。


 

ドラえもんの道具に、ゴム袋みたいなものに風邪の人が息を吐くと風邪が治って

そのゴム袋に入った空気を吸ったひとは風邪をひくという道具があったが

 

こういう時にいつも思うのは、あの道具の応用バージョンで

暇な時間をそのゴム袋に吹き込んで、忙しい時に吸い込んで時間をもらうという妄想です。

イ、イメージ湧きませんか、そうですか。

(というか多分、時間を貯金したいなら、他にもそれに見合った秘密道具があるはず…)

 

何かにつけドラえもんの秘密道具を連想する(絶対不可能な話に思いを馳せる)自分が憎い!!

もう44歳なのに!もう21世紀なのに!!!21世紀になったけど21エモンもいないのに!!


 

「大人」って、社会性があって、賢くて、マナーをわきまえていて

とにかく「きちんとしている」イメージだったんだけど

自分がいい歳になり、自分がイメージしていた大人にはなっていないな、と思うギャップと

周りの人たちが自分が思い描いている「大人」に

誰しも当てはまるわけではないのだな、というギャップに

「まぁ、そりゃそうか」とは思いつつ、時々ハッとしています。

 

 

そういや先日「ラジオ番組を聞くのが唯一のリラックスタイム」と言っていたママがいたので

何の番組のリスナーなのか、今度、根掘り葉掘り聞こうと思ってます。

 

そりゃ普通にいろんな人がいるのはわかってるんだけど、

私の「ママイメージ」が偏ってるせいか「母親は」

「マンガなんて読まない」「深夜ラジオなんて聞かない」と思ってしまうのよなー。

自分も母親の端くれなのに!